伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【64話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は64をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

64話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【63話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は63話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ブラックドラゴンの本気

⿊い沼のマナとその周りの空気は変動していた。

ブラックドラゴンが空を⾒下ろしている。

暴⼒的で不吉なオーラが沼地を⽀配する。

その暴⼒的で不吉なオーラが境界を⽀配していたので、森は揺れていなかった。

<英雄の誕生>の記述を思い出す。

<クジラ族がドラゴンに対して⽣き残ることができると⾔われた理由は、ドラゴンと敵対しなかったから。ドラゴンに殺せないものは何もなかった>

視線を空に向けた。

拷問を受けていた4歳のドラゴン。

あの時と同じドラゴンはもういなかった。

<ドラゴンはその存在⾃体が⽀配の象徴であるため、物事を⽀配する必要はありません>

ケイルは背中に悪寒を感じ始める。

闇の森が泣き出す。

森からはさまざまな叫び声が聞こえてきた。

2つの魔法の爆弾はすでに空中に浮かんでいる。

ブラックドラゴンの⽬にはただの空虚さが存在した。

これはすべて彼にとって些細なことだから。

「森がうるさいから、早く終わらせろ」

「俺様もそう思っていた」

ブラックドラゴンは、黒いマナが彼を取り囲み始めたとき、ようやく笑顔になり始めた。

地⾯が変動する。

⿊いマナは既に消えていた。

その代わりに、⿊い沼の上に⼤きな明るい球が浮かんでいる。

そのマナはさまざまな光源を吸収していた。

その瞬間。

マナが2つの魔法の爆弾と混ざると、⾵が轟⾳を⽴て始めた。

2つの爆弾がカウントダウンを開始する。

全てを破壊する威力。

ケイルはドラゴンの死体が⼤丈夫かどうか疑問に思ったが、実際に尋ねることはしなかった。

バァアアアアアアン!

闇の森が響き渡る中、ケイルは⽿を覆った。

世界が真っ暗に変化する。

⿊い柱が空に⾶び出し、昼と夜が共存しているように⾒えた。

しかし、そのすべてはすぐに消えた。

⿊い柱が埃に変わり、⾵と共に吹き⾶ばされる。

最後の盾が壊れた。

他の2つは、すでに壊れている。

しかし、ケイルは怪我をしていなかった。

⿊い沼は消えていたが、それ以外はすべて正常なまま。

頭を向けて、クジラの姉弟を見る。

彼らの両⽬には深い恐怖が浮かんでいた。

森は害を受けておらず、沼だけが消えている。

それは驚くべき制御能力だった。

1人で立っているブラックドラゴンを見る。

「よくやったな」

今のブラックドラゴンは警戒していた。

自分を見る目が変わってしまうのではないかと不安になる。

「本当によくやったよ」

ケイルの穏やかな視線が、ブラックドラゴンを笑顔にした。

それから彼は⾃分の気持ちを正直に共有する。

「とてもスッキリしたぞ」

 



 

  • オーラを支配する

ケイルは今⾒えている沼の底を確認した。

⿊い沼は消えたが、まだ少し⿊い液体が残っている。

「これはドラゴンの形をしているな」

彼はまた、ドラゴンの頭があったように⾒える場所に⽩い王冠を発見する。

それは古代の⼒。

大当たりだ。

盾がケイルの前に現れ、旋⾵が彼の両⼿で轟⾳を⽴て始めた。

⾵の⾳が集まった瞬間。

⿊い泥は、まるで彼を飲み込みたかったかのように、すぐにケイルに向かってきた。

古代の権⼒者の声を聞いたのはその瞬間。

[⽀配することの意味を知っていますか?]

肌を突き刺しているように⾒える冷たい声が、ケイルの⼼を荒らす。

旋⾵が⿊い泥を切り裂いて道を作り、その道を歩く。

[⽀配することは、敵の息さえも、すべてを奪うことです]

声を聞くたびに、彼の⼼臓は狂ったように⿎動した。

ケイルは、⽀配的な声を聞き続ける。

[敵の息を奪う最も簡単な⽅法を知っていますか?]

⿊い泥に囲まれ、暗闇に包まれた。

それでも前に進むしかない。

[答えは恐れです]

ケイルは笑った。

恐れ?

ケイル、いいや、キム・ロックスは、あらゆる種類の恐れを克服していた。

生きるために。

彼は誰よりも幸せで平和な⽣活を送りたかったから。

⼈間はすでに不思議な未来への恐怖と恐怖に満ちた⼈⽣を送っている。

⽀配?

恐れ?

そんなことは気にもしていなかった。

彼が気にかけたのは、それが自分にどのように役⽴つかということだけ。

「見つけた」

ホワイトドラゴンの頭蓋⾻と頭の⽩い王冠を⾒つける。

ケイルは王冠に向かって⼿を伸ばし、指先が王冠の宝⽯の先端に触れた。

王冠から明るい光が放たれ、⿊い泥が消える。

同時に、王冠がケイルに向かって⾶んだ。

[時には、ハッタリでさえあなたの命を救うことができます]

⼼臓が激しく⿎動する。

この⼒が何であるかをすぐに理解した。

目を開けると、目の前には大きなドラゴンの死体が。

「⼈間、どうして俺様の⽖の先ほど強く⾒える?いいえ、お前はまだ弱いので、何が起こっている?」

ブラックドラゴンはかなり混乱しているようだった。

ケイルは笑い始めた。

「私のカリスマ性が高まっただけさ」

新たな古代の力。

「オーラを⽀配する」

安っぽい名前だが、まさにその通り。

「詐欺には最適な力だな」

「詐欺は悪いことだ」

眉をひそめたブラックドラゴンを無視し、グループの他のメンバーに⽬を向けた。

ケイルのオーラに圧倒されて、誰も近づくことが出来ない。

⽀配的なオーラを⽚付け、遠くに⽴っているグループに向かう。

子猫たちはすぐにブラックドラゴンの元に向かい、彼を心配していた。

⼦猫たちはドラゴンの周りを歩き回り、彼が怪我をしていないことを確認する。

それから彼らは彼に近づき、ドラゴンの背中を軽く叩いた。

「私たちの末っ⼦は最⾼です!」

「とてもカッコ良かったです!あなたはとても強いです!」

ケイルは、近づいてきたドラゴンを撫でてクジラの姉弟に笑顔で尋ねる。

「こっちに来れないのか?」

クジラの姉弟の⽿に深い声が響き渡った。

ウィティラは握り締めていた拳を開く。

今は違うが、⿊い泥が消えた瞬間、ケイルの存在感が大きく変化した。

彼は間違いなくまだ弱い⼈間であり、彼⼥の鞭を⼀回振るだけで死ぬでしょう。

(それは強い⼒とは異なっていました)

ほんの⼀瞬でだったが、ケイルが彼⼥の⽗親であるクジラの王を思い出させたのだ。

それは権⼒者だけが持つことができるオーラ。

それが彼⼥が感じたものだった。

「ケイル公子」

ケイルはようやく近づいてきたクジラの姉弟に尋ねた。

「停滞したマナは残っていますか?」

「もう残っていません」

⿊い液体と泥が消えたので、停滞したマナはもう残っていなかった。

残ったのは、⾼い魔法耐性と魔法能⼒を備えた頑丈なドラゴンの⾻だけ。

「これらの⾻を保管することができます」

「わかりました」

ケイルは自分のふくらはぎに顔をこすりつけている⼦猫を⾒下ろした。

彼らがケイルとアイコンタクトをとると、両⽅の⼦猫は彼らの⾜でケイルの⾜を叩き始めた。

「何か悪いことが起こると思いました。あなたが⼀番弱いのに、なぜいつも前に進むのですか?」

「あなたは私たちの末っ子に任せなければなりません。しかし、彼も怪我をしてはダメです」

自分を叱った⼦猫を無視する。

「戻りましょう」

彼らは今、ヘニトゥスの領地に戻らなければならない。

 



 

  • チェハンたちの帰還

そして数⽇後、ケイルは予想より2⽇遅れて帰宅した。

ハンスは戻った途端に彼にメッセージを送る。

「公子様!殿下が、皇太⼦があなたに連絡をしました。何が起きているのですか?」

「何でもないさ」

漠然とハンスに答えた。

しかし、ケイルはニヤニヤ笑いを隠すことができなかった。

ホイッパー王国の南北戦争によって⽣み出された最⼤の宝物を盗む絶好のチャンスなのだから。

ハンスはまた、別の情報をケールに届ける。

「それと、チェハンさんがブレック王国から帰るというメッセージを送ってきました」

「え?」

「ラーク少年も彼と⼀緒に戻ってきます。ああ、それとロザリンさんも」

「え?」

(こんなにも早く?彼らはブレック王国を破壊したのか?)

家に帰ってすぐに眉をひそめ始めた。

 



 

想像以上にブラックドラゴンが強力でした・・・。

そして、ケイルも新たな力を手に入れましたし、彼に適切な能力なのではないでしょうか?

闇の森は結構あっさりでしたが、次はチェハンたちとの合流でしょうか?

伯爵家の暴れん坊になった【65話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は65話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...