伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【65話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は65をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

65話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【64話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は64話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒルスマンの熱意

「それと、公子様、警備兵はどうされたのですか?副団長と子供たちがハリスビレッジに残り、調査すると聞きましたが」

闇の森での爆発。

副団長は、ケイルが爆発の原因を説明したので内容を知っていたが、「公式」での話は、彼らがケイルの関与を秘密にしていたので、副団長は調査中ということになっている。

『公子様、私は今はこの⼩さな役割を引き受けますが、永遠にこの場所に留まるつもりはありません』

ヒルスマンの熱意溢れる言葉を忘れることにした。

「ハンス、皇太⼦はいつ私が彼に連絡すべきかを伝えているか?」

のんびりと尋ねる。

「すぐに。そう仰ってました」

ケイルは笑顔を浮かべる。

皇太子も気が気でないことが明らかだったから。

落ち着いた表情で答える。

「じゃあ行こうか」

 



 

  • 皇太子との密談

ケイルはソファに腰を下ろし、⾜を組んだ。

「準備はいいか?」

「は、はい!いつでも大丈夫です!」

魔術師は緊張していた。

今から皇太子と回線を繋げるのだから、彼の反応は当然と言えるでしょう。

しかし、当の本人であるケイルはとても落ち着いているように見えた。

「では、私は退出させていただきます」

魔術師は好奇⼼のために出て⾏く途中で数回振り返るが、すぐに頭を下げて部屋を出て行く。

魔術師が去るとすぐにケイルはビデオ通信を開始し、半透明なオーブの上に皇太子の顔がすぐに現れた。

「国の星と話せるのは私にとって大きな名誉で・・・」

「もういい」

アルベルは、まるでケイルの⾔葉が彼に悪寒を与えたかのように、すぐに挨拶を断ち切った。

「彼らはブレック王国に混乱を招いたようだな」

笑顔が浮かぶ。

それはケイルが待ち望んでいたものだったから。

決して、アルベルの表情を見て笑ったわけではない。

「殿下の情報ネットワークが最も正確です」

静かに座ったまま、何も問題がないかのように微笑む。

「ロザリン王⼥は決⼼したようだ。彼⼥はどのようにして⼤公家を⼀⽇で抹消させることができたのだろうか?」

「抹消」という⾔葉に⼼が躍るのを感じたが、それを顔に⾒せないようにする。

アルベルが、常にケイルの表情を観察していたから。

「彼⼥はまた、王位への主張を拒んでいる」

ロザリンが魔術師としての本性を⽰す時が来たのだ。

「しかし、私が聞いたところによると、彼⼥には2⼈の⾮常に強い仲間がいたとか」

アルベルの鋭い視線はケイルを指さした。

「彼らはあなたの部下ではありませんか?」

チェハンとラーク。

ケイルはアルベルの質問に真実を答えた。

「部下?」

彼らはケイルの部下ではない。

チェハンとは何の関係もないし、ラークは単なる取引相手なのだから。

アルベルの顔に笑顔が浮かんでいくのが分かる。

彼は、ケイルと同じようにソファにもたれかかって、さりげなく毒を吐いた。

「君はずる賢いキツネだね」

その言葉に異議を唱えることはできなかった。

「なぜ魔塔が欲しいのですか?」

アルベルは前置きなしでケイルに尋ねる。

それに対し、真面目な表情でアルベルに目を向けた。

「殿下」

ソファから立ち上がるケイルを見て、アルベルも好奇心を抱き立ち上がる。

「私は殿下と私が⾮常に似ていると思うことがよくあります」

アルベルは眉をひそめる。

「悪い冗談だ」

「はい、私もそう思います」

ケイルは話を続ける。

「ローン王国は何もない王国です」

突然、沈黙が部屋を満たした。

部屋の外の魔術師が、今⾔ったことを聞いた場合、彼は気を失った可能性があるだろう。

しかし、皇太⼦アルベルは、ケイルが予想していたように微笑んでいた。

彼は餌に引っかかったようだ。

「確かに、それは真実です」

アルベルは反論しなかった。

ローン王国は、騎⼠も魔術師もあまり強くない王国なのだから。

⻑い歴史はあるが、あらゆる⾯で平均的。

これは平和の時代であれば問題はないが、混沌の時代にあらゆる⾯で平凡であるのは⼤丈夫ではないことを理解していた。

少なくとも1つの専⾨分野を必要としていることを。

しかし、それは短期間で簡単に作成できるものではなかった

このような⼤規模な問題は、運が良ければ数⼗年で完了するが、運が悪ければ少なくとも平均数百年は必要とする。

しかし、この問題を簡単に解決できる方法が存在した。

別の王国の専⾨分野を奪い、それを自分たちのものにする。

そして、良い獲物が彼の⽬の前に現れた。

かつて魔術師の王国だったホイッパー王国。

アルベルは笑顔を浮かべながら、ケイルとアイコンタクトをする。

「君はろくでなしだが、鋭いのだな」

「私は魔塔を。そして、殿下は・・・」

「「魔術師を」」

二人が同時に話す。

アルベルは顔を手で覆い、笑い始めた。

「ハハハ。面白い。最初は、私のような人間がいるのは嫌だと思っていたが・・・。必要なものは何でも言ってくれ」

「ありがとうございます、殿下」

アルベルは、⾃信に満ちたケイルの態度に興味を持ち、尋ねる。

「しかし、なぜ魔塔が欲しいのかな?」

彼は、ケイルが北の動きを把握しているから魔塔を望んでいたかどうかを伺っていた。

「私はただ魔塔を所有したいだけです」

「聞くべきではなかった質問だね」

アルベルが⾸を横に振ると、ケイルは卑劣な笑みを浮かべていた。

「では、なぜ殿下は魔術師を必要としているのですか?」

アルベルも同じような笑みを浮かべる。

「私は彼らに家を与えたいでけです」

どちらの答えも酷い言い訳だが、どちらも深く追求はしなかった。

「いつ出発する予定ですか?」

「1ヶ月後に出発する予定です」

1ヶ⽉後。

ケイルは準備を終わらせてホイッパー王国に向かう予定だ。

南北戦争は、彼がホイッパー王国に到着するまでに終結に近づいているはずだから。

「どうやって?」

「船で向かいます。私はありとあらゆる良いものを持ち帰ってきます」

 



 

  • 3週間後

3週間後。

ケイルはゆっくりと⽬を開け、⼤きなベッドを転がり、あくびをした。

今は午後3時。

彼は起きたばかりだ。

⽬をこすり、天井を⾒上げて、右⼿でお腹をさする。

お腹が空いたから起きただけ。

「・・・ああ、働く必要のないお金持ちの人生」

これが幸福の定義。

ケイルは過去3週間を何もせずに過ごしていた。

ドラゴンの名前を思いついたが、それについて考えるためにもう1ヶ⽉を求め、他の⼈々に旅⾏の準備に必要なすべてのものを用意するように命じた。

彼は家の中で何もせずにベッドで転がりながら、毎⽇早く寝て遅く起きた。

家族が回復するために休むように⾔い続けたのは素晴らしかった。

だからケイルはそれらに⽿を傾け、全く何もせずに過ごしている。

しかし、彼の幸せはついに打ち砕かれた。

「⼈間、チェハンが戻ってきたようだぞ」

ブラックドラゴンは微笑みながら、ケールの⽿に囁く。

チェハンたちは今⽇到着することになっている。

午後3時だったので、彼らはおそらくすでに到着していて、ケイルを待っているでしょう。

何もしなかったこの3週間は、彼にとって夢のような時間。

「永遠に何もしないでいられるようにお金を稼ごう」

ケイルはそう決心する。

ホイッパー王国とジャングルの⼥王を⼀度に世話して、⼆度と何もしないで過ごせるように。

ケイルがバスルームに向かった後、オンとホン、そしてブラックドラゴンはワクワクしていた。

ようやくこの空間から出られることに。

 



 

ケイルとアルベル。

互いの利益が合致したこの二人を敵に回したくはないですね・・・。

ケイルは夢の自堕落生活を得ることができるのでしょうか?

伯爵家の暴れん坊になった【66話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は66話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...