伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【66話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は66をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

66話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【65話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は65話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 3人の客

ケイルは座って3⼈の客と向き合う。

話し始める前に副執事ハンスが淹れたお茶を⼀⼝飲む。

「久しぶり」

表情がまったく変わらないチェハンと、恥ずかしがり屋のラークに⽬を向け、ロザリ
ンに⽬を向ける前に挨拶した。

「ロザリン王⼥、お久しぶりです」

ロザリンは微笑み、爽やかに返答した。

「もう私を王⼥と呼ぶことはできません。私は王室から追放されましたから」

「・・・そうなのですか?」

「はい。私は家族の記録から削除されました。家系の名前はもうありません」

「それなら、私はあなたをロザリン夫人と呼び続けることができますね」

ロザリンの⾚い瞳が、ケイルに焦点を合わせた。

彼⼥は、取り消されるのではなく、王位への主張を放棄することを選んだ⼈でしたが、⼈々は今でも彼⼥に同情の表情を持っていた。

ケイルがとても普通に⾏動しているのを⾒ると、彼⼥はリラックスした⼼で反応できたのだ。

「ええ。依然と同じように。今後も私をそのように扱い続けることができます」

彼⼥はチェハンと⼀緒に戻ってくることを選んだ自分の選択肢を正しいと思えるようになった。

チェハンに目を向ける。

彼はとても幸せそうだった。

実際、彼は正義の英雄になるために別の⼀歩を踏み出したように見える。

ラークに⽬を向けると、彼はチェハンとは違った。

彼は以前と同じように見えて、恥ずかしがっているのか、座ったまま指をソワソワしている。

「ケイルさん」

「何?」

振り返る必要はなかった。

チェハンは彼を「ケイルさん」と呼んだ唯⼀の⼈物だったから。

「ブレック王国で何が起こったのかを報告する必要がありますか?」

ロザリンが驚きの表情でチェハンに突然⽬を向けた。

しかし、チェハンは彼⼥を⾒ず、ケイルだけに⽬を向けている。

しかし、ラークを⾒ているケイルは⾸を横に振った。

「必要ない。あなたが友達のために何をしたかを、私が知る必要はないと思いますから」

ロザリンは、ケイルの⾔葉を聞いた後、チェハンが笑っているのを⾒る。

「はい、確かにそうですが、何か気になることがあれば教えてください。すぐに報告しますから」

「必要ない」

それを聞けば頭痛がすると感じたから。

彼らがどのようにしてこのような短期間でブレック王国で騒動を引き起こすことができたのか。

そして、ロザリンがどのように王位への主張を放棄したのかを知りたくなかった。

「ラーク」

ケイルは代わりにラークに呼びかけた。

「は、はい」

チェハンより背が⾼いラークは、落ち着きがなかった。

その理由は、彼らが1時間前に到着したからでしょう。

ラークがこの異国の地で何を考えていたかは明白だった。

ケイルは彼の混乱した顔に⽬を向け、話し始める。

「あなたの兄弟はここにはいません」

ラークの表情が変わる。

「どこですか?彼らはどこにいるのですか?」

その質問に躊躇うことなく答える。

「ハリスビレッジ」

ケイルを⾒ていたチェハンは、その⾔葉を聞いて固まる。

お茶を飲み出したケイルの代わりに、ハンスが説明を追加した。

「現在、ハリスビレッジを再建中です。かつては⼭の隣にある⼩さいながらも美しい村でした。少し前に何か悪いことが起こって、村は燃え尽きてしまいましたが」

⼭、⼩さいけれど美しい村、そして⼤⽕による復興。

それらの⾔葉を聞いたとき、単⼀の画像がラークの⼼を満たす。

焼け焦げた故郷の映像だろう。

「私たちはまた、適切な墓地も建設しています」

そう話すと、チェハンはハンスに⽬を向けた。

「公子様はその部分に特に固執していました」

ケイルは眉をひそめ、反論し始める。

「私は固執していません」

「しかし、これは公子様がヘニトゥスの領⼟に関連する何かに関して伯爵様に尋ねた最初の質問ではありませんでしたか?公子様が私たちの領⼟の管理に興味を持っているのを⾒たのはこれが初めてでしたから」

「そんな大したことではありません」

ハンスに向かって⼿を振ると、彼はすぐに黙った。

しかし、彼はまだ⾔いたいことがたくさんあるように、そわそわしている。

ケイルはこれを無視して、深く考えているように⾒えるラークに⽬を向けた。

「ラーク」

「は、はい?」

「あなたの兄弟と彼らが今住んでいる⼟地を⾒に⾏きなさい」

それからケイルはまだ固まっているチェハンに声をかけた。

「チェハン」

チェハンはいつものように静かにケイルを観察している。

「よろしくお願いします。あなたの弟のラークは道を知らないので、あなたが彼を導いてください」

チェ・ハンは拳を軽く握り締めてから、拳を開く。

彼は彼の中に溢れる感情を落ち着かせなければならない。

カリカリに焼け落ちたハリスビレッジ。

その村は今では違うでしょうから。

ケイルは3⼈に最後の一言を告げる。

「今すぐ⾏っていいですよ。ロザリン夫人も退出して大丈夫です」

久しぶりにこの3人と話した後、ケイルは疲れていた。

過去3週間の蜂蜜のような休憩が空中に消えたように感じる。

ラークとロザリンは、ハンスをゆっくりと追いかけた。

 



 

  • チェハンの質問

チェハンは全員が去るまで待ってからやっと起き上がる。

「ケイルさん」

それから彼はお辞儀をした。

「どうもありがとうございました」

チェハンは、ケイルがストイックな表情をしていて、イライラしているように⾒えたので、頭を上げて笑った。

「私はそのような感謝を必要としません。今すぐ出て⾏け」

彼は⾔われた通りにドアに向かう。

「ハンスさんから、ホイッパー王国に⾏くと聞いたのですが?」

「はい」

ケイルは素っ気ない反応をした。

「村から戻ったらすぐに⾏くので、荷物をまとめてください」

「かしこまりました」

チェハンは爽やかな笑顔を浮かべていた。

しかし、ドアノブを回すと、その笑顔はすぐに消える。

ドアが開いたとき、チェハンは話し続けた。

「彼の名前はボブでしたか?」

(ハンスがトゥーンカについて話したのか?)

チェハン独特の落ち着きと誠実な声が流れ続ける。

「ビクロスさんは、彼があなたを傷つけそうになったと教えてくれました」

(なぜビクロスがそんなことを?)

ケイルは事件を思い出し、返答した。

「怪我はしていません。⽔と岩の埃を注がれただけだ」

「・・・そうですか」

チェハンはそれ以上何も言わなかった。

ハンスはチェハンとアイコンタクトをとった後しばらく⽴ち⽌まり、そこにぼんやりと⽴っていた。

「どうした?」

「え?ああ、ええと・・・、何も。何もありません」

ハンスはケイルの質問に必死に⼿を振って、部屋に⼊る前に去っていったたチェハンを振り返った。

「・・・公子様」

「何だ?」

ハンスの⻘⽩い表情を観察する。

「チェハンさんと喧嘩しましたか?」

「私が?⼀体何を⾔ってる?」

「そ、そうですよね!あはは、何でもないです」

まだ何か言いたそうなハンスに、ケイルは指示を出す。

「約10⽇後に出発しますので、すべて準備してください」

「はい、わかりました。⼀⽣懸命頑張ります!」

ハンスはすぐに部屋を出ていく。

⼀⼈残されたケイルは、カレンダーに⽬を向けた。

魔法の塔の最後の守護者。

「・・・ドワーフを⾒るのはこれが初めてだな」

完全に無傷の魔法の塔を購⼊するために、彼は何世代にもわたって魔法の塔を保護していたドワーフに会う必要があった。

「ネズミの獣⼈である混⾎のドワーフ」

ミュラー。

「英雄の誕⽣」で最も恥ずかしがり屋で最悪の死を遂げたドワーフ。

彼はドワーフと同じくらい背が低く、ネズミ族の独特の性質のために筋⾁がなく弱く⾒えた。

ケイルは寝室に向かう。

暴⾛したネズミを捕まえる⽅法。

10⽇間。

方法を考えていれば、すぐに経過するだろう。

 



 

  • こんなはずじゃ・・・

そして、ケイルが予想したように、1週間はあっという間に過ぎた。

「はぁ・・・」

眉をひそめながらソファに座っていたので、ため息を隠さなかった。

ちょうど⼀週間前にロザリンをここに残して去ったチェハンとラークが戻ってきたから。

しかし、彼らだけで戻ってきたわけではなかった。

「公子様」

ヒルスマン副団長が彼らと⼀緒に戻ってきた。

しかし、彼の外⾒は奇妙だ。

普段は⾃分の立場に合った服装をしている副団長は、ぼろぼろの⾰の鎧を着ていて、顔にたくさんの怪我を負っている。

「私は戻ってきました、公子様」

理由はわからないが、彼は自信に満ち溢れていた。

しかし、チェハンとラークと⼀緒に戻ってきたのは彼だけではない。

10⼈の⼦供も一緒だ。

しかし、彼らの周りの雰囲気は⾮常に異なっていた。

⼦供たちは体の複数の場所に包帯を巻いている。

ハリスビレッジでは、ケイルの予想外のことが起こったようです。

「いつ戻ってくるべきかについてあなたが決して⾔及しなかったので、私たちはラーク兄さんと⼀緒に来ました」

メイスの答えに、ケイルはため息をついた。

(いつ来るかをあなたに⾔わないことは、戻ってこないでいいという意味なのだが・・・)

すでにここにいる⼦供たちに戻るように⾔うことができなかったので、彼はただうなずいて、チェハンとラークに命令を下した。

「荷造りを。2⽇後に出発します」

しかし、別の場所から返答がきた。

「かしこまりました!」

合計11⼈。

副団長と⼦供たちが皆元気に反応した。

まるで、⻑い間訓練していた騎⼠団を⾒ている気持ちになる。

チェハンとラークは満足げな表情で彼らに⽬を向けた。

⽣徒たちを⾒ているような視線。

ケイルの表情がおかしくなる。

こんなはずじゃなかったと。

 



 

次の舞台はホイッパー王国ですね♪

トゥーンカとの再会もあるでしょう。

そして強力な兵隊になった子供たち。

予想外の事態になりましたね(笑)

伯爵家の暴れん坊になった【67話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...