伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【67話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は67をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

67話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【66話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は66話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 夕食の席

⼣⾷の席。

ケイルが⾔ったのは一文で、空気が変化する。

「私はホイッパー王国を訪問します」

妹のリリーの⼿にあるスプーンが地⾯に落ちた。

彼女の顔は⻘⽩く、唇の⾓が揺れていた。

「私の先⽣が⾔いました・・・。ホイッパー王国は今とても怖くて、⼈々は毎⽇死んでいます。貴族は隠れなければならず、おいしい⾷べ物を⾷べることさえ難しいって!安らかに眠ることすらできない!先⽣がそう言ってました!」

リリーが興奮したまま話し続けようとすると。

「リリー静かにしなさい」

デルース伯爵がリリーの言葉を断ち切る。

皇太⼦アルベルは事前にデルース伯爵に、彼がケイルに任せたのは秘密の任務であると知らせていた。

「⽗よ、これは皇太⼦殿下からの命令です」

「そんなことは関係ない」

普段は温厚なデルース伯爵の表情は歪んでいた。

時間が凍ったように固かっているバセンを⾒て、それから落ち着いて⾒えた唯⼀の⼈、ヴィオランを⾒る。

目が合うと、彼⼥は何気なく尋ねた。

「これはあなた⾃⾝の決定ですか?」

「はい、その通りです」

「ケイル」

「はい?」

「あの国は危険だと知ってるの?」

「はい」

軽く同意する。

ただし、チェハン、ブラックドラゴン、ロザリン、ラークがいるから問題はないでしょう。

「ケイル、1つだけ覚えておいてください。私はいつもあなたのことを⼼配しています。私たちは皆あなたのことを⼼配しています。けれど」

ヴィオランの視線は突然鋭くなった。

「私たちはこの王国をまったく心配していません」

「ええと、妻よ。私たちの家族も安全であるためには、王国が安全である必要がありますが・・・」

デルースは眉をひそめるのをやめ、慌て出した。

しかし、ヴィオラんはそれを無視し、ケイルに尋ね続ける。

「これはあなたの決断ですか?」

もう⼀度同じ質問に対し、ケイルはすぐに返答した。

「私は黄金の亀です」

その言葉は、デルース伯爵が少し前に言った言葉。

「私たちは⾮常に頑丈な殻であらゆるものを保護します。しかし、最も重要なことは⾃分⾃⾝を守ることです。⾃分を守るために頑丈な殻を使⽤することが最も重要です」

それがケイルの答え。

「私はヘニトゥス家の人間ですから」

もちろん、彼は⾃分の安全を第⼀に考えていた。

ヴィオラン伯爵夫⼈は微笑み始める。

「わかりました。けれど、私たちの心配する気持ちは理解してください。それが親であることの意味なのですから」

デルース伯爵は⾷事を再開する間、⼝を閉じたままだった。

彼もケイルの考えを受け入れたようです。

反対がなくなったと考え、ケイルは再び平和的に⾷事に集中した。

⾷事に集中していたので、何が起こったのか気づいていない。

デルース伯爵とヴィオラン伯爵夫⼈の間で共有された視線が正常ではないこと。

⼣⾷後、デルース伯爵が執事に、皇太⼦とホイッパー王国に関連するすべての情報を、費⽤に関係なく密かに収集するように命じたことも知らなかった。

ケイルは素晴らしい⾷事を終えた後、ダイニングルームを出た。

すると、誰かが自分に向かってることに気づく。

「バセン?」

ケイルを追いかけてきたのは、バセンとリリー。

「兄さん、本当に行くの?」

「ああ」

2⼈の静かな兄妹と話し続ける。

「どちらも、勉強とトレーニングに集中する必要があります」

まだ静かに自分を⾒ている兄妹たちから⽬をそらした。

まだ準備することが多いから。

「ホイッパー王国のお⼟産を届けるから」

ケイルは、バセンとリリーの視線が自分に集中していることを確認できず、お互いに視線を交わして頭を頷いていた。

若い兄妹が彼らの将来の職業をすでに決定したことを知らない。

 



 

  • 出港

数⽇後、ケイルは予定した時間に船に乗ることができたことに満⾜していた。

「ケイル公子」

船に乗るとすぐに声の出所に⽬を向けた。

「アミールお嬢様」

アミールは、以前と同じようにリラックスしているケイルを静かに観察する。

彼女は皇太⼦の命令を受けてすぐに最⼤で最強の船を準備するように命じていたのだ。

「ケイル公子、今回は⾃分を傷つけずに無事に戻ってくれることを願っています」

「私も同じことを望んでいます」

怪我をする予定は全くない。

しかし、アミールはケイルの言葉を信じていないのか、眉をひそめ始めた。

「あなたが回復を終えたばかりのときに、なぜ殿下があなたを危険な場所に送るのか理解できません。しかし、殿下はそれだけあなたのことを信頼しているのでしょう」

信頼?

王⼦は誰も信⽤するタイプではない。

「本当に?殿下は私をあまり信⽤していないように見えます」

アミールはケイルの苦笑いに声を上げる。

「ケイル公子、それならば私があなたを信頼します!」

「アミールお嬢様、ありがとうございます」

その後、時間通りに出発する必要があったため、彼は再び歩き始めた。

アミールは他にも⾔いたいことがあったが、⼝を閉じる。

潮⾵に合わせて動く⾚い髪を押し戻すケイルの姿は、爽やかでカッコ良かった。

甲板に乗り、村が今建設で⾮常に騒がしいのを見る。

さらに、他の渦潮のいくつかが消えて、⼤きな船のために⼗分に広い安全な道を作っていた。

ケイルは視線を船に向け、ため息をついた。

「・・・はぁ」

どうしてこんなに大勢の人が

チェハン、ラーク、ロザリン。

オンとホン。

子猫の隣にいたハンス。

最後に、船酔いで⻘ざめたヒルスマン副団長、ヒルスマンを静かに観察していたビクロス、そして彼の隣にいる10⼈の⼦供たち。

おそらくブラックドラゴンもいるだろう。

ケイルは、全員が自分を⾒ているグループに命令を出した。

「行きましょう」

船は貿易船になりすましている。

船はホイッパー王国の港に向かった。

 



 

  • ブラックドラゴンの名前

夜遅く。

ケイルは甲板に⽴っていた。

真夜中近くだったので、誰も甲板にいないが、甲板はライトアップされ、満⽉でまったく暗くなかった。

彼は今夜ここでゲストと会うことを計画していたのだ。

「人間」

ブラックドラゴンは⾃分⾃⾝を明らかにする。

「何だ?」

「俺様は疑問に思っていた・・・。あなたが適当に名前を決めようとしていないかを」

「名前?」

ブラックドラゴンは名前について話していた。

「・・・心配してるのか?」

ケイルの表情はとても真剣だ。

ブラックドラゴンが動揺する。

「そんなことはない!俺様は何でも⼤丈夫です!⼼配しないでください!」

そう話すブラックドラゴンの尻尾は震えていた。

「それなら良かった」

それからケイルは何気なく続けた。

「ラオン、オン、ホンがそれを聞いていたら悲しかったでしょうから」

沈黙が突然その地域を満たす。

「・・・⼈間、あなたは今何と⾔いましたか?」

実際、ブラックドラゴンの予想に反して、ケイルはブラックドラゴンの名前について多くのことを考えていた。

名前は誰かに与えられた特別なもの。

⼀⼈暮らしをしなければならなかったキムロックスにとって、両親から与えられたのは彼の名前だけだったから。

「あなたの名前はラオンです」

ラオン。

それは純粋な韓国語で楽しいことを意味している。

「そしてあなたの名字はミルです」

ミル。

ドラゴンのための純粋な韓国語。

嬉しそうなドラゴン。

⾯⽩い名前だが、ケイルは真摯に思いついたのだ。

穏やかな声がブラックドラゴンの⽿に届く。

ケイルは穏やかな笑顔を浮かべていた。

「私はあなたが幸せで楽しい⼈⽣を送ることを願ってこの名前を思いついた」

「・・・どういう意味ですか?」

ブラックドラゴンは名前の意味を尋ねる。

ケイルは⼈差し指でブラックドラゴンを指さした。

「あなたは」

ラオンとミル。

これらの⾔葉はどちらもこの世界には存在しない。

この2つの⾔葉がこの世界で意味することは1つだけ。

「それらはあなたとあなただけのための⾔葉です」

「・・・俺様だけの?」

「ええ」

ドラゴンの頭を撫でると、ケイルは笑い始めた。

「あなたは偉⼤で⼒強いドラゴンだから」

「・・・俺様だけ・・・」

ブラックドラゴンはしばらく呟いた後、ケイルの⼿を頭から軽く叩き、翼を伸ばした。

「特別に、この名前を使います」

彼が空中に舞い上がったとき、彼の唇の⾓は痙攣していた。

「俺様は偉⼤で⼒強いラオン・ミルです」

「はい、ラオン」

「その通り。俺様はラオンです」

ブラックドラゴンは、4年の⼈⽣の後に名と姓を受け取った。

ドラゴンは頭を上げる。

洞窟の中の闇とは違う夜空の闇。

彼が洞窟から救出されたのはこのような夜だった。

ブラックドラゴンのラオンは、この瞬間を決して忘れないでしょう。

ぼんやりと空を⾒つめ続けると、ラオンの声が聞こえた。

「ありがとう、ケイル」

「・・・え?」

驚いてラオンに⽬を向ける。

しかし、ブラックドラゴンはすでにいつも通りだった。

「⼈間、聞こえなかったのですか?」

「もう⼀度⾔ってみませんか?」

ラオンの頭を撫でようとすると、ケイルは笑い始めた。

ラオンは⼿のひらに頭突きをし、強く反対する。

「いいえ。本当に、本当に、絶対にしません!弱い⼈間、中に⼊って眠りなさい!ここにいたら、⾵邪をひくでしょう」

しかし、彼の⾏動とは反対に、ラオンの翼は⽻ばたき、尻尾はオンやホンのように揺れていた。

「戻るのは難しいと思います」

「どうして?」

ラオンは海を眺める前に突然話をやめた。

クジラが現れたから。

その瞬間。

「ケイルさん!」

誰かが船の中から⾶び出し、ケイルに向かって急いだ。

飛び出したのはチェハンだ。

ケイルはイライラした表情で彼を立ち止まらせる。

その後、ラオンはチェハンを嘲笑し、話し始めた。

「彼らは敵ではありません」

「え?」

同時に、ケイルは⼿すりに寄りかかるのをやめ、海に向かって頭を下げた。

それはただのクジラではないから。

3頭のクジラのゲストが到着する。

1つはザトウクジラのウィティラ。

もう1つはシャチ。

そして最後に。

「クジラの王様にご挨拶させていただきます」

ケールは3頭のうち最⼤のザトウクジラであるクジラの王様に挨拶した。

 



 

ブラックドラゴンの名前がついに決まりましたね!

ラオン・ミル、良い名前ですね♪

アミールもケイルのことが気になっているのでしょうか?

今後の展開が楽しみです。

最後に登場したクジラの王。

もう一波乱ありそう?

伯爵家の暴れん坊になった【68話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は68話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...