伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【68話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は68をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

68話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【67話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • クジラの王、シクラー

クジラの王、シクラー。

(なんて強いプレッシャーだ)

シクラーは海の王様。

彼は⻄⼤陸の⼩さな地域を監督した王国の王とは⽐較にならない存在感を放っていた。

ケイルは笑顔を浮かべると、シクラーの表情が曇った。

「甲板の上で話をしませんか?」

ケイルは少し後退して腕を広げる。

3⼈が静かに船に近づき、3⼈はそっと甲板に着陸した。

その時、ラオンの声を頭の中で聞く。

[ドラゴンははるかに美しく輝かしい!]

ケイルはラオンの気持ちを理解し、頭を撫でた。

これらの3頭の純⾎のクジラは⾮常に美しかったからだろう。

チェハンはクジラ族の⼈々を⾒た後、固くなっていた。

彼の視線を追い、⽬の前にいる3⼈を⾒る。

未来のクジラの⼥王、ウィティラ。

彼⼥はいつもと変わらない。

⽩い髪のシャチ。

この男はおそらくクジラ族の最⼤の戦⼠であるアーチーでしょう。

悪い性格で暴⼒的な人物。

しかし、彼の忠誠⼼はかなり強かった。

「私が南極海に降りてきてからしばらく経ちました」

クジラの王シクラーは優しい笑顔を浮かべている。

彼は⼩説の中で最もハンサムな中年の男性だった。

「南はもっと暖かいですよね?」

シクラーが目を細める。

(彼はウィティラが話した通りの男だ)

娘のウィティラは、ケイルは弱いが強い⼈だと話していた。

彼⼥が⾔ったように、彼は甲板で最も弱い人間だ。

「南もいいですね。私の息⼦を救ってくれてありがとう。個⼈的に感謝したかったので、娘と⼀緒に来ました」

「そのような感謝の必要はありません。必要なことをしただけですから」

ケイルは丁重に⼿を差し伸べると優しく微笑む。

夜遅くまで⻑い議論をする意味はない。

「私たちは⼆⼈とも忙しいので、要点だけを話しませんか?」

「ええ、そうしましょう」

シクラーは⼩さなため息をつく。

「チェハン」

ケイルはチェハンの肩に⼿を置く。

シクラーも同様の⾏動をとった。

「アーチー」

どういうわけか、アーチーとチェハンはお互いを⾒つめていた。

チェハンは少し前にクジラ族の美しさに魅了されたはずのに、何が彼をそんなに怒らせたのだろうか?

彼が船上で戦い始めたら、この船は⼀⼑両断で沈むだろう。

「何があった?」

「・・・ケイルさん」

チェハンは唇を噛んだ。

その瞬間、誰かがケイルに答えを与えた。

それはラオンだ。

[そのクジラは頭からつま先まであなたをチェックした!馬鹿にしたような視線で!]

アーチー。

アーチーはトゥーンカよりも厄介な人物だ。

彼はシクラーへの忠誠を誓っただけで、クジラ族の他のメンバーを含む他の誰も気にかけない。

彼はトラブルメーカーだった。

アーチーと目を合わせる。

彼は悪意のある⽬でケイルを⾒ていた。

答えはかなり明⽩だ。

(おそらく、シクラーが個人的な要件で私に会いに来たからでしょう)

アーチーは、ケイルがシクラーの息⼦を救ったという事実も、彼が⼈⿂と⼀緒にクジラを助けたという事実も気にしていなかった。

その瞬間、シクラーはケイルの雰囲気が変わることに気づく。

(⽗よ、ケイル公子はとても奇妙です。ほんの⼀瞬でしたが、彼は本当に⼤きく感じました)

彼はウィティラの話を思い出す。

娘がケイルは強いと⾔った理由を理解した。

その深さを理解することができないほど深く⾒えた視線は、アーチーに向けられている。

横から⾒守っていたチェハンは無意識のうちに眉をひそめた。

「・・・ケイルさん」

ケイルの支配的な視線。

強いだけプレッシャーとは違う。

優しくてしっかりしていて、近寄りづらかった。

それは、ケイルが眉をひそめているから。

アーチーからのプレッシャーに反応し、⽀配的なオーラも少し出ていたのだ。

古代の⼒は彼がアーチーからの強いプレッシャーから逃れることを可能にする。

ケイルはゆっくりと話し始めた。

「あなたは誰だ?」

アーチーの視線が気に⼊らず、ゆっくりと前進する?

「あなたは誰だと思いますか?」

アーチーの前で⽴ち⽌まり、率直に尋ねた。

「なぜ私を睨んでいる?」

アーチーは話すことができなかった。

彼は間違いなくケイルより少し背が⾼かったが、自分を⾒下ろしているように感じた。

ケイルは間違いなく弱く見えて、⽚⼿で殺すことができると感じていたが、動くことができない。

笑顔を浮かべて、ケイルは冷たく答える。

「その質問に答えることさえできないなら、睨むのは止めてください」

二人は、アーチーの⾜が⼀歩後退するまで、数秒間黙ってお互いを⾒つめていた。

その瞬間、ケイルは⽀配的なオーラを⽚付け、シクラーに⽬を向けて微笑む。

「そうですよね、陛下?」

ケイルは彼らと戦うことを望んでいない。

なぜなら、将来さらに数回会うことになり、まだお互いにいくつかの取引をする必要があったから。

そのため、彼は⽀配的なオーラの半分しか使⽤せず、今では最も明るい笑顔をシクラーに向けていた。

「・・・確かに」

シクラーはしばらくしてから答え、⾮常に強い握力でアーチーの肩を掴む。

「お詫びし、⾃⼰紹介してください」

シクラーがトラブルメーカーのアーチーをどのように飼い慣らしているか。

殴る。

殴打がトラブルメーカーにとって最良の薬であると断言していたのだ。

その後、アーチーはシクラーの忠実な部下になる。

「・・・謝罪します」

とても静かな声。

シクラーは本当に謝罪したくなかったのでしょう。

「私の名前はアーチーです」

「はい。私はケイル・ヘニトゥスです」

頭の中でラオンの声を聞く。

[⼈間、あなたはちょうど今俺様の⾜の⽖の先端とほぼ同じくらい強いように見えた。よくやった!とてもよくやった!]

ケイルは、4歳の⼦供が褒め称えたカリスマ性にため息をついた後、ぼんやりと自分を⾒つめているシクラーに⼿を差し伸べる。

「宜しくお願いします」

「ああ、こちらこそ」

シクラーは王の威厳を失い、近所のおじさんのように変化した。

これが普段の彼の姿なのだろう。

 



 

  • 取引物

シクラーはウィティラに⽬を向ける。

「ケイル公子」

「お久しぶりです。その包みは?」

ウィティラは、ケイルが以前と変わっていないことに安心する。

(安心?この私が?)

そう考えている自分にショックを受けたが、彼女はすぐに落ち着きを取り戻す。

現在ケイルの⼿に渡っているアイテムは全部で3つ。

そのうちの1つは、毒が取り除かれたドラゴンの死んだマナだけが⼊った⼩さなボトル。

死んだマナ。

これは、闇との親和性がない⽣きている⼈にとっては⾮常に危険なもの。

シクラーは好奇心を抱いていた。

「しかし、なぜこの死んだマナが必要なのですか?それを必要とする⼈間はいないはずです。昔のネクロマンサーであれば役に⽴つと思うかもしれませんが、ネクロマンサーは存在しません。この少量で何をするつもりなのか私には理解できない」

ケイルは悪戯好きな笑顔を浮かべる。

「秘密です」

彼が必要としていたのは、この少量だけ。

すべてのアイテムを魔法のバッグに⼊れ、別れを告げる前にクジラの王族といくつかのことについて話し合った。

「また会いましょう、ケイル公子。本⽇、アーチーの⾏動については改めてお詫び申し上げます」

「構いません」

「いいえ、そういう訳にはいきません。この愚か者にはまだ学ぶことがたくさんありますから」

「・・・お父様」

ウィティラは、⽗親を落ち着かせるように呼びかけた。

「また会いましょう、ケイル公子」

「はい」

ウィティラとシクラー、そして別れを告げた気まぐれなアーチーにゆっくりと⼿を振った後、後ろを振り返る。

「チェハン、どうした?」

「・・・いえ、何もありません」

無表情で⽴っていたチェハンを通り過ぎ、ケイルは船に向かう。

「私は寝る」

ケイルの後ろを追っていたラオンは突然頭だけを振り返り、チェハンと話し始めた。

「俺様はラオン・ミルです。ハンサムで、美しく、素晴らしく、⼒強い存在です!覚えておいてください!」

チェハンは、落ち着いているケイルを観察する前に、⾮常に興奮していたラオンを見つめる。

「・・・私も強くならないと」

チェハンの声は、海に消えていく。

もちろん、ケイルがこれを聞いていたら、さらに強いチェハンがこの⼤陸全体を簡単に破壊するだろうと考えて、彼は恐れて息を呑むでしょう。

 



 

  • お宝探し

翌朝、ケイルはホンがラオンの隣で不平を⾔っているのを目撃する。

「私はラオンという名前が好きです、その名前はカッコいいです。でも、ラホンも良いと思います」

⼀⽅、いつも静かなオンは、ラオンの周りを楽しく歩いていたので、興奮しているようだ。

「ラオン・ミル!私たちの末っ⼦の名前はとても良いです!これが一番良い名前です!」

船のベッドに横になってこれを⾒ていたケイルは、ラオンが叫び続けると背を向けた。

「ねえ、オオカミの子供、私はラオン・ミルです!ねえ、魔法使い!私はラオン・ミルです!ねえ、チェハン!」

「私はあなたの名前をすでに知っています」

現在、ラオン、⼦猫、チェハン、ラーク、ロザリンはケイルの部屋にいた。

ラオンがチェハンに近づく。

「知っているなら、答えてください」

「もちろんだ、ラオン」

ラオンは嬉しそうに笑い始めた。

チェハンがケイルの⽅を向いたのはその時。

「ケイルさん。どうして、ミルって名前を思いついたのですか?」

彼は奇妙な表情を浮かべている。

「私が作った」

「作ったのですか?」

「ええ。ラオンを⾒たとき、ふとその⾔葉を思いついた」

横になりながら、さりげなく答える。

それからケイルは、できるだけ冷静に尋ねた。

「なぜそんな事を?」

「特に意味はありません。少し気になっただけで」

チェハンの視線は懐かしさに満ちていた。

「ラオン・ミル。カッコいい名前です」

ラオンは、チェハンの言葉を聞いていないふりをしたが、彼の翼は喜びで⽻ばたいていた。

ケイルが望んだように、彼らは数⽇でホイッパー王国の港に到着する。

「公子様!」

ビロスは船上に⾶び乗って、甲板でケイルに挨拶した。

ケイルはビロスの肩を軽くたたき、⽿元で囁く。

「⼤きな⿂を捕まえる時間です」

魔法の塔は破壊され、魔法の塔の領地はトゥーンカによって細かく裂かれるでしょう。

「宝探しはとても楽しい」

そこに宝物がある限りは。

 



 

ケイルの新たな古代の力が早速役立ちましたね。

チェハンが強くなりたいと考えた理由は、あの場で何も出来なかったからでしょうか?

クジラ族とは今後も関わりそうですね。

そして、ラオンが可愛い過ぎる!

ここまで喜んでくれて、ケイルも嬉しかったでしょう♪

伯爵家の暴れん坊になった【69話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...