伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【81話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は81をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

81話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【80話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は80話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 海岸線の宝物

翌朝。

「リナさん、海岸線に行きたいのですが」

ケイルがここにいる理由はもうない。

「ビン!」

リタナの部下の一人が、彼⼥の呼びかけでケイルの前に⽴つ。

彼は、リタナの最も忠実で最強の部下の1⼈。

「ビンが案内します」

リタナから文書を渡された後、ケイルは笑顔を堪えるのに必死だった。

「リナさん、これは多大過ぎる報酬です」

彼女は、ケイルが本当に良い人だと信じていたので、彼が本気で悩んでいると見えていたのだ。

「いいえ、そんな事はありません」

その文書には、リタナの名前と拇印が刻印されている。

ケイルが署名すれば完全な契約書になるでしょう。

しかし、埋められていない箇所がもう一つ。

それは土地の場所とサイズ。

「私がすべての面倒を見るので、好きなだけ持っていって下さい」

リタナの言葉は、天使が歌っているように聞こえた。

流れ込むお金の音はいつも綺麗だ。

「このような契約を結んでいいのですか?私が海岸線全てを欲しいと言ったらどうするのですか?」

「そう仰ると思っていました。けれど、問題はありません。欲しければどうぞ」

彼女は本当に寛大な人だった。

「ケイルさん、あなたの家系の名前を教えてもらえますか?」

突然⾸の後ろに悪寒を感じる。

間違った行動をすれば、複雑な状況に陥る可能性があると。

そして反射的に答える。

「私は静かに去りたいので、昨日何が起きたのかを忘れて、未来に目を向けましょう」

「あなたは本当に欲のない方なのですね・・・」

これ以上のお返しは必要なかった。

リタナのおかげで、最高級の魔法石を手にすることが出来るのだから。

「テン!」

リタナがブラックパンサーを呼ぶ。

「彼を連れて⾏ってください。テンがあなたにとって最速の道を⾒つけるでしょう」

テンが幸せそうに近づいてきて、ケイルの前でしゃがんだ。

彼の行動に、リタナが驚く。

「テンが私以外の誰かのためにしゃがんだのはこれが初めてです!」

「そうですか・・・」

ブラックパンサーの唸り声は、あまり歓迎されているように聞こえなかった。

「ケイル公子、私たちもすぐに追いつきますので」

ロザリンの言葉に頭を下げる。

「お任せしますね」

ケイルと⼀緒に⾏くのは、ラーク、ビン、ビクロスだけ。

もちろん、ラオンはいつものように姿を消して追いかけていた。

「ハンスさんとオンさんが現れるまで、復旧のお⼿伝いをさせていただきます。その後、私たちも向かいますので」

ケイルは、ロザリンとチェハンに失われた⼈々の遺⾻を取り戻している⼦供たちを待つように頼んでいた。

(ロザリンを⼀緒に連れて⾏くことはできないな)

彼女は偉⼤な魔道⼠だ。

彼⼥が魔法⽯を⾒つた場合、複雑になるのは間違いない。

「じゃあ行きましょう」

「ケイルさん、ご無事を祈っています」

リタナの別れに優しく応える。

最後まで警戒を緩めることができなかった。

「また会いましょう」

もし彼女に再び会うとしたら、それはケイルが戦場に出る可能性が⾮常に高い。

ケイルはただ笑顔を浮かべただけだった。

 



 

[うわー!ここには本当に何もありませんね!]

ラオンの言葉通りだった。

海岸線には何も残っていなかった。

海は灰で⿊く染まっている。

ケイルは静かに海と景⾊を眺めていた。

涼しくて塩⾟いそよ⾵が吹く。

リタナの部下のビンは、ケイルの⾏動を観察していた。

⼥王は彼に、ケイルの行動全てを報告するように指示していたのだ。

「ここは本当に美しい場所だったに違いないですね」

ビンがその言葉に怯む。

それは真実で、ここは本当に美しい場所だった。

「まもなく太陽が沈むので、少し見回ってもいいですか?⼟地の区画が決まったらお知らせしますので」

「・・・かしこまりました」

「ラーク、テンと遊んでいてください。私について来ないように」

「はい」

ラークは何も聞かずにうなずく。

その後、眉をひそめているビクロスの元に。

「ビクロス、ローン王国の北⻄部に⾏ったことはありますか?」

「いいえ」

「本当?行きたいと思いませんか?」

「私はヘニトゥス家のキッチンを担当しておりますので」

ケイルは、すぐに拷問の専門家を必要としていた。

⾁体的拷問と精神的拷問の専門家を。

⾁体的拷問に関しては、ビクロスが適任だ。

(精神的拷問はケージが適任だな)

混乱しているビクロスの肩を叩き、高い丘に向かう。

より怠惰な⽣活に⼀歩近づくたびに、ケイルの⼼は喜びで飛び跳ねていた。

[弱い⼈間、あなたはとても興奮しているように⾒えます!]

ラオンの言葉は正しい。

丘の頂上には灰だけが残っていた。

[え?]

ラオンの反応に微笑む。

彼も気づいたようだ。

この場所は普段、何が地下にあるのか分からないほど背の⾼い⽊で埋め尽くされていた。

しかし現在、木々がすべて燃え尽きて灰だけが残っている。

[⼈間、ここから左に5歩のところだ!]

ドラゴンはマナに対して、世界で最も優れた感覚を持っていた。

ラオンが言及した場所に移動し、その場所を掘り続ける。

そしてついに、ケイルは⼤きな⾦属製の箱を⾒つけた。

息を呑んで落ち着き、錠前を指さす。

「ラオン、これを壊せ」

[了解しました]

鍵が簡単に壊れる。

箱を変えると、⽬の前には、あらゆる種類の鮮やかな⾊が出現した。

最⾼級の魔法石の⾊は⾮常に鮮やかで美しい。

ホイッパー王国の魔法装置で使⽤されている魔法⽯は、低級または中級の魔法⽯。

最高級の魔法石は王室レベル。

アルベル皇太⼦は、間違いなくケイルの最⼤の買い⼿の⼀⼈でしょう。

「人間、私も欲しい!」

ラオンの頭を軽く撫でて、数百の最⾼級の魔法⽯が⼊っている箱を指さした。

「そこからあなたが⼀番好きなものをあげます」

「本当に?⼈間ありがとう!あなたはとてもいい⼈です!」

「じゃあ、空間魔法に入れておいてください」

「分かった!」

その後、ケイルは丘を降りて、ビンに話し始めた。

「あの丘の上から⼣⽇がよく⾒えました。そこに⼩さな⼟地を⼿に⼊れることはできますか?」

「もちろんです」

ビンは、ケイルが求めていた⼟地の広さを⾒て驚く。

それは⼩さな別荘を収容するのにちょうど⼗分な⼤きさだったから。

 



 

⼀週間後、全員が集まった。

テントの陰で椅⼦に横になっていたケイルが目を開ける。

「帰りましょうか?」

全員がどこに帰るのか分からず戸惑っていた。

椅⼦に腰を下ろし、場所を指さす。

その瞬間。

遠くから汽笛の⾳が聞こえる。

1隻の船が向かってきた。

「公子様!」

急接近する船の先頭には、ケイルに⼿を振っていたビロスの姿が。

興奮しているビロスに微笑み、⾒返りに魔法のバッグを振る。

「これを」

「はは!どうもありがとうございました!」

ビロスは、魔法石の入ったの2番⽬のバッグを受け取った後、⾮常に満⾜していた。

ケイルは振り返ると、全員が彼を⾒ている。

「帰りましょう」

その瞬間、彼は頭の中で悪質な声を聞く。

[⼈間、今度こそ復讐の時ですか?]

その質問に黙ってうなずく。

船に乗り込み、涼しいそよ⾵を感じた。

そして、故郷のヘニトゥスの領⼟に戻る。

「お帰りなさい」

デルース伯爵は、ケイルを暖かく迎えた。

「無事に戻ってきたのは、⼼配してくれたおかげです」

デルースは、息⼦が最初に自分に会いにきてくれたのを⾒て、感謝し、幸せな気持ちだった。

しかし、その後、彼は奇妙な表情を浮かべる。

「え〜と、彼は?」

⼤きな声がオフィスに響き渡った。

「こんにちは、はじめまして!私の名前は、200年以上にわたって建設と開発を専⾨としてきたホン家の後継者であるミューラー・ホンです。あなたが私に与えたどんな仕事にも最善を尽くします!」

とても騒々しい紹介に、デルースは混乱していた。

「建設?開発?」

彼は混乱したまま息⼦の⽅を向く。

「閣下」

ケイルはデルースを⽗と呼ばず、伯爵とさえも呼ばなかった。

その⾏動により、デルースも真剣な表情に。

「ケイル、あなたが城壁を補強していると聞きました。なにか理由があるのですか?」

「閣下、戦争の時代がすぐに始まるとあなたも期待しているのでは?」

その言葉に、デルースが反応する。

ケイルはミューラーを前に押し出した。

「この男は、魔法の塔を建てた家族の⼦孫です」

「・・・!」

「試されてみてもいいのでは?」

 



 

自堕落な生活へまた一歩近づきましたね(笑)

ミューラーを領土に戻した後は、ローン王国へ向かうつもりでしょう。

城壁がどこまで強化されるか楽しみですね♪

伯爵家の暴れん坊になった【82話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は82話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...