伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【91話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は91をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

91話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【90話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は90話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 人魚たちへのアジトへ

数⽇後、ケイルは⾺⾞から降りたときに塩⾟い匂いを感じた。

⽬の前には、まだ2つの渦潮が存在している海が。

「公子様、お会いできて光栄です」

「あなたが担当者ですか?」

「はい」

ヘニトゥス家の地域の代表マネージャーがケイルに挨拶する。

彼は、海軍基地の開発に関与した他の管理者とともに、ヘニトゥス家の領⼟を代表する責任者だ。

「渦潮の⼀部が消え、より多くの島にアクセスできるようになったため、開発は順調に進んでいます」

「そう?」

「はい。そのおかげで、船を迅速に開発することができました」

ヘニトゥス家は、この海軍基地の開発に多額の投資をしている。

その⾒返りにいくつかのことを望んでいた。

一つは、海岸線の⼀部を無料で使⽤できること。

「まずはお部屋へ案内いたしますか?」

「いいえ」

ケイルは⾺⾞の⽅を向いて指を動かす。

⾺⾞のドアが開き、⼩さくて⻘⽩い⼈が出てきた。

「急げ」

「は、はい!」

ミューラーはすぐに駆け寄り、ケイルとマネージャーの間に⽴つ。

彼は前よりも太り、派⼿な服を着ていた。

伯爵夫人は、高級品を上手く利用してミューラーの管理をしているようだ。

彼の肩に手を置く。

「写真を彼に見せてみては?」

「は、はい!」

ミューラーは緊張しながら、写真をマネージャーに渡した。

この海軍基地の建設を担当する管理者として、彼は建設と海に精通している。

「・・・え?」

それにもかかわらず、マネージャは、船の設計図を見て唖然としていた。

「公子様、これは?」

「あなたの目から見て、その設計図はどう思いますか?」

「このような船は今までに見たことがありません」

その感想はケイルも同様だ。

「少なくとも耐久性はありませんか?」

「はい。⾮常に耐久性はありますが・・・」

この船は間違いなく耐久性があるだろう。

しかし、マネージャーは質問をしたかった。

「これは本当に輸送⽤の船ですか?」と。

それは戦艦のように⾒えた。

しかし、ケイルはマネージャーが尋ねる前に会話を終える。

「それだけが重要です」

マネージャーはもはや質問をすることができず、ケイルが望んでいたことを受け⼊れた。

「しかし、この船を作るにはかなりの金額が・・・」

「お金の心配はしなくて大丈夫です」

ケイルの言葉に、マネージャーは満⾜のいく笑顔を浮かべる。

 



 

ケイルは、彼らが部屋に到着すると、オフィスに集まった⼈々を静かに観察した。

「今回は簡単なことではありません」

ロンとビクロス以外は全員が集合している。

「決して王国か何かを破壊しようとしているわけではありません」

ロザリンがケイルに⽬を向け、話し始めた。

「ケイル公子、それなら私たちはハイス島に船で⾏くのですか?」

ハイス島は、⻄部と東部の⼤陸の間の島々の⽤語。

ケールの⽬的地はハイス島5だった。

番号は、発⾒された順序を表している。

ハイス島5は、島々の中で最⼤の島。

また、⻄⼤陸に最も近い島であり、船で簡単に移動することができた。

ロンが⼀緒に⾏くことができたのはそのためだ。

「島には⼈⿂の基地があると聞きました。そして、私たちの最初の⽬的地はハイス島12です」

ハイス島12は、発⾒された12番⽬の⾮常に⼩さな島。

ハイス島5に最も近い島でもある。

「すみません、公子様」

ヒルスマン副団長が慎重に話し始めた。

「私たちが⼈⿂と戦うと⾔っていませんか?クジラが現在⼈⿂と戦っているのでは?」

「はい」

ヒルスマンは、いつもの間抜けな表情とは異なり、⾮常に深刻そうな表情を浮かべている。

それは、ロンの⼈⽣が危機に瀕していることを知っていたから。

「公子様、⼤丈夫なのですか?⼈⿂は闇の⽣き物であり、死のマナと毒のために現在より強いと聞きました」

ヒルスマンは彼らの闇属性と死のマナについて⼼配していた。

ロザリンが、ケイルの代わりに質問に答える。

「⼤丈夫です。ケイル公子は⼈⿂の毒を治す⽅法を知っているので、死のマナをさらに強⼒に抑圧する必要があります」

死のマナを使⽤する闇の⽣き物と戦うときの通常の戦略は、戦闘時間を制限するために、1回の攻撃で彼らを倒すことだ。

死のマナを抑えるために、より強いマナやオーラ、あるいは⾮常に強い攻撃を使う必要がある。

そして、死のマナに対して⾮常に強い⼒。

それは生命力。

生き物は死者よりも強かったのだ。

ロザリンが話し続ける。

「もちろん、死のマナを使う闇の⽣き物と戦うときは⾎を使うのが最も効果的ですが、それは危険ですので」

血も確かに有効だった。

弱い⼈間でさえ、彼らの⾎を使用すれば、暗闇の⽣き物を短期間抑えることができるでしょう。

しかし、失⾎が多すぎて死亡する可能性も高かった。

少量の⾎を使って、闇の強い⽣き物と戦うことはできない。

(しかし、⾎はダークエルフやヴァンパイアに対しては役に⽴たない)

それと同時に、ケイルはある考えを持っていた。

(私の血は、おそらく非常に効果的だろう)

ケイルの⾎は⼼臓の活⼒によって動いている。

⼼臓の活⼒の再⽣能⼒により、彼の⾎液は他のどの⾎液よりも多くの⽣命を持っているでしょう。

ケイルの⾎ほど暗闇の⽣き物に対して効果的なものはないはず。

「うーん、私の血を吹きかければ・・・」

自分自身の血を出すことを想像して眉をひそめる。

周りを⾒回すと、部屋が静かであることに気づく。

そして、⼤きな声が突然静かな部屋を満たした。

「なんてクレイジーなアイデアでを考えている!?なぜあなたのような弱者がそのようなことを考えるのですか!?俺様たちはあなたの弱い⾎を必要としません!」

ラオンはとても怒っていた。

彼の言葉に対して全員が頭を頷いている。

「もちろん、私はそうするつもりはありません」

(なぜ私の貴重な⾎を使う必要が?)

ケイルは⾃分の⾎以外にたくさんの手段を持っていた。

痛みが嫌いなのに、なぜ⾃分の⾎を使う必要が?

⼈⿂の死体を掴んで逃げれば、ロンを癒すことが出来るのだから。

そして、彼は⽴ち上がった。

「どこに⾏くの?」

ラオンの質問に答える。

「⾵の崖に」

 



 

この海岸線で最も急な崖。

崖の頂上に着いた後、ケイルは崖の下を⾒下ろす。

海岸線は海軍基地の建設で忙しかった。

しかし、彼の視線はすぐに地平線に向かう。

「何をしようとしているのですか、ケイルさん?」

チェハンの質問に肩をすくめた後、魔法のバッグからフルートのように⾒える巻き⾙を取り出した。

チェハンは以前にこのアイテムを⾒たことがある。

それは、ホイッパー王国に向かう途中でクジラの王に会ったときに、ケイルがウィティラから受け取ったアイテムの一つ。

ケイルは巻き⾙の⼩さな開⼝部に⼝を置き、それを吹き始めた。

巻き⾙の殻が⻘い光で覆われる前に、静かで⾼⾳の⾳が出始める。

とても静かだったので、下の⼈には聞こえない。

それでも、遠くの場所から聞こえる人もいた。

2⽇後、ケイルは⼣⽇を⾒ながら⾵の崖に⽴っていた。

太陽はゆっくりと地平線を横切って沈んでいく。

まだ光っている巻き⾙の殻を⽿に当てる。

「来た」

ケイルがそう言うと同時に、ラオンが地平線を指さし、同様に叫んだ。

「彼らが来た!」

「え」

「・・・わぁ」

チェハンとロザリンが驚きの声をあげる。

海が地平線のはるか遠くまで動いているようだった。

その原因は、2頭の⼤きなクジラと⼩さな3頭⽬のクジラの影響による。

彼らは皆、⾚い⼣⽇ではなく、⾚い髪のケイルに焦点を合わせていた。

彼らのガイドが到着したのだ。

「私が移動しなければならない場合は、クジラに乗るのもよいでしょう」

 



 

今回は、ケイルの持っている最大戦力で挑むようですね!

人魚たちもなす術なく倒されてしまうのでは?

ロンの体調も不安ですので、迅速に解決して欲しいところです。

そして、クジラ族も合流。

彼らも協力してくれるのでしょうか?

伯爵家の暴れん坊になった【92話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は92話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...