伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【97話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は97をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

97話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【96話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は96話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 至福の1ヶ月間

⼀ヶ⽉後。

ケイルは1ヶ⽉間ずっとリラックスしていた。

正直言って、彼の視点では問題なかったのだが、他の皆からはそう見られていない。

「彼は退屈なのか?」

ラオンは、窓の外をぼんやりと⾒つめ、果物を⾷べているケイルを観察していた。

ラオンの顔は真⾯⽬だ。

ケイルは2時間ずっと、窓の外を眺めながら果物を⾷べながらロッキングチェアで揺れていた。

彼の表情は一度も変わっていない。

ホンも同様に心配している。

「あ!また寝た!」

ケイルの⼿にあるブドウが地⾯に落ちた。

ロッキングチェアで揺れている間、彼は再び眠りに落ちる。

ラオンの⽬が震え始めた。

「彼はよく寝て、⾷べていなくて、動いていない!これは!」

「・・・彼は病気?」

ホンの表情は真剣だった。

「いいえ、それ以上に悪化している!」

「・・・そうじゃないと思います」

銀⾊の⼦猫オンだけが、二人が話し合うのを聞いて⾸を横に振る。

彼⼥に分かったのは、ケイルがすべてが煩わしいと感じたということだけ。

「いいえ!ロザリンがしばらく前にくれた本の中に書いてあった!」

⼤陸のさまざまな⾔語をすべて学んだ後、ラオンはロザリンから貰った御伽話を読んでいた。

「眠らせる呪いに陥った王⼦について書いてあった!」

「本当!?」

ホンが驚きを隠せなかった。

「ハリスビレッジと闇の森に来た後、彼の病気はさらに悪化した。闇の森にいることで説明のつかない副作⽤かもしれない」

 



 

ケイルたちは現在ハリス村にいた。

もちろん、ラオンが⾔ったよう「悪化」の理由は、ケイルが伯爵やその領⼟を担当する他の⼈々から離れて初めて、本当に怠け者の⽣活を始めることができたから。

ハリス村にも⼈はいたが、彼らは主に墓地の仕上げと村の修復を⾏う専⾨家。

室内にいるだけだったケイルが、彼らに出くわす理由はない。

現在、彼は⼩さな2階建ての家にいた。

『父さん、私はハリスビレッジの責任を取ることを選んだので、修復がどのように進んでいるかを個⼈的に⾒たいと思います』

『・・・ケイル、あなたが話し合った別荘を完成させるにはまだ程遠い』

「専門家が泊まっている家はたくさんあります。2階建ての家の一つにすみたいのです。それに、ロンの回復は⼈⾥離れた村で静かに⾏われるのが最善だと思いますから』

『分かった、分かった』

⽗親の承認を得た後、ハリスビレッジに駆け寄ったケイルは喜びに満ちていた。

そうとは知らないラオンが心配しているだけ。

その瞬間、誰かがドアをノックする。

「公子様!」

それは副執事のハンス。

ハンスが中に入ると、オンとホン、そしてラオンが彼を歓迎する。

ハリスビレッジに到着してすぐに、ケイルは3人の正体を明かしたのだ。

最初は驚いていたハンスだが、今はもう慣れている。

「こんなに愛らしくて優雅な存在が存在することを私は知りませんでした!公子様、あなたに仕えることができてとても幸運です!」

ケイルはハンスの言葉を無視した。

ハンスが3人のお世話をする様子を見ながら、ケイルはゆっくりと立ち上がる。

ロッキングチェアに長時間座った後、体は硬直していた。

しかし、それですら怠け者の生活に必要なことだと考えて気にしていない。

「ハンス、全員集まったのか?」

「はい、彼らの訓練は今⽇早く終わったに違いありません」

ケイルはうなずいて、一階の食堂に向かう。

「坊っちゃま」

「ロン、元気そうだな」

「ありがとうございます。これは坊っちゃまのレモネードです」

「んん」

⽬の前のレモネードを⾒て、ケイルは奇妙な表情を浮かべる。

ロンは⽚⽅の腕だけでも問題なさそうだった。

ケールはしばらく飲んでいないレモネードの入ったカップを持ち上げる。

飲んでいると、ラーク、10人の子供たちとヒルスマンが泥だらけの状態で入ってきた。

ケイルの許可が下りると、彼らはビクロスの準備した食事を食べ始める。

チェハンは満足げに彼らを⾒ていた。

ケイルは彼に質問する。

「チェハン、やり過ぎないように⾔ったのを覚えていますよね?」

狼族の⼦供たちとヒルスマンは現在、闇の森で毎⽇訓練を⾏っていた。

「はい、ケイルさん。私たちはゆっくりと成⻑しています」

チェハンが優しい笑顔で答えたので、ケイルは彼をまったく疑わなかった。

これ以上知りたくもなかったから。

⼦供たちは鬼教官を⾒ているようにチェハンを⾒ていたが、それでも彼らは毎朝チェハンについていってる。

彼らは騎⼠のようには⾒えず、特殊部隊のように感じた。

ケイルはレモネードを飲み、自分に役に⽴たないことを忘れることに。

「ケイル公子、私たちは冬までここにいますか?」

ロザリンの質問に頭を下げる。

「多分ですが、春に帰ることを考えています。研究に必要なところならどこへでも気軽に⾏ってください。また、必要な材料を教えてください」

「ありがとう、ケイル公子」

「とんでもない」

ロザリンは現在、この建物の地下室で魔法の研究と実験を⾏っていた。

彼⼥は将来の魔法の塔の領主になるので、ケイルは彼⼥に完全なサポートを与えている。

繋がりは⾮常に重要なツールなのだから。

 



 

ケイルは⾷事の後に⾃分の部屋に戻り、ロッキングチェアに腰を下ろす。

「はぁ・・・」

幸せなため息が⼝から出た。

このように⼣⽇を⾒つめるだけで、70年を過ごしたかった。

ラオンとホンは、彼を⾒ながらお互いに囁き始める。

「彼はとても退屈しているからため息をついている?」

「俺様はそう思う。彼はおそらく旅⾏したいのだろう」

そんな二人を見ながら、オンは首を横に振って、部屋の隅にあるアイテムが光っていることに気づく。

「ビデオ通信デバイスが光っている!」

「うーん?」

ケイルは混乱していた。

ビデオ通信デバイス?

誰からなのだろうか?

「赤く光っています!」

ケイルは眉をひそめた。

迷惑なことを要求する機会がある人物からの連絡はデバイスを⾚く光らせるように設定していたから。

そして現在、それを⾚く光らせる⼈は⼀⼈しかいない。

王⼦アルベル・クロスマンだ。

ラオンがすぐに、ビデオ通信装置を繋げる。

ケイルは皇太⼦アルベルが笑っているのを⾒た。

「ケイル⼦爵、私たちの王国の宝物よ。今⽇はいい⼀⽇でしたか?」

(何かがおかしい)

嫌な予感がする。

「・・・私は現在とても忙しいです」

当然のことながら、アルベルはケイルの嘘を無視し、彼が⾔う必要があることを⾔った。

「あなたが私を助けてくれなければ、私は皇太⼦の地位から外されて死ぬでしょう」

アルベルは現在、ホイッパー王国の魔道⼠を集め、彼の軍隊を強化している。

それは、ローン王国を保護するのに役⽴つ⼒の開発。

ケイルは、王国と彼の故郷が平和な⽣活を送るのに安全であることを確認するためにアルベルを助けていた。

ロッキングチェアに腰を下ろし、ケイルは話し始めた。

「お話を聞いてみましょう。殿下、私の助けが必要なのは何ですか?」

背中に悪寒を感じる。

しばらくの間、このような不吉な感情を抱いていなかった。

皇太⼦からは⾒えなかったラオンとホンは、⽬を輝かせて隣同⼠に座っている。

アルベルは話し始めた。

「ダークエルフの村に⾏けますか?」

 



 

ケイルの休暇はわずか1ヶ月で終わりそうですね。

ロンも回復したようで何よりです♪

アルベルの話すダークエルフの村とは?

そして、何の目的があるのでしょうか?

伯爵家の暴れん坊になった【98話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...