ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【135話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。

今回は135をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...

 



 

どういう訳か小説の中の悪の一族、アグリチェ一家の娘「ロクサナ」に生まれ変わっていた!

アグリチェは人殺しをものともしない残虐非道な一族で、ロクサナもまたその一族の一人。

そして物語は、ロクサナの父「ラント」がある男を拉致してきた場面から始まる。

その拉致されてきた男は、アグリチェ一族とは対極のぺデリアン一族のプリンス「カシス」だった。

アグリチェ一族の誰もがカシスを殺そうとする中、ロクサナだけは唯一家族を騙してでも必死に救おうとする。

最初はロクサナを警戒していたカシスも徐々に心を開き始め…。

ロクサナ・アグリチェ:本作の主人公。

シルビア・ペデリアン:小説のヒロイン。

カシス・ペデリアン:シルビアの兄。

ラント・アグリチェ:ロクサナの父親。

アシル・アグリチェ:ロクサナの4つ上の兄。故人。

ジェレミー・アグリチェ:ロクサナの腹違いの弟。

シャーロット・アグリチェ:ロクサナの妹。

デオン・アグリチェ:ロクサナの兄。ラントが最も期待を寄せている男。

シエラ・アグリチェ:ロクサナの母親

マリア・アグリチェ:ラントの3番目の妻。デオンの母親。

エミリー:ロクサナの専属メイド。

グリジェルダ・アグリチェ:ロクサナの腹違いの姉。

ポンタイン・アグリチェ:ラントの長男。

リュザーク・ガストロ:ガストロ家の後継者。

ノエル・ベルティウム:ベルティウム家の後継者

【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...

 




 

135話 ネタバレ

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【134話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 今回は13...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ジェレミー・アグリチェ

ベルティウムの域を完全に外れた時点で馬車は止まった。

カシスと同行した腹心はイシドールが唯一だったが、他にも馬車を管理する随行員が二人いる。

彼らは休憩時間中に自分の仕事をするために動いた。

カシスとロクサナも馬車から降りる。

パタパタ。

いつの間にか飛んできた鷹がカシスの腕の上に舞い降りるのが見えた。

彼はペデリアンに伝書を飛ばそうとしているようだ。

ロクサナも蝶々を呼んで何処かに飛ばす。

目的地はグリセルダだった。

どう考えても、やはりベルティウムでの爆発はグリセルダの仕業のようだ。

ベルティウムを抜けるまで爆発音が聞こえていたが、きっと事前に準備した呪術陣を発動させたのだろう。

その間に、グリセルダも無事にベルティウムを抜け出したはず。

では、どうしてこんなにタイムリーに間に合わせることができたのだろうか?

単純に偶然が重なっただけというには何か釈然としなかった。

「お嬢様」

ロクサナがそのように別の思いに浸っている時、イシドールが近づいてくる。

「ウィンストン卿」

「ベルティウムで・・・」

彼はロクサナに言いたいことがあるかのように口を開いた。

しかし、イシドールは突然何かをしばらく悩んでいる様子を見せた後、首を横に振る。

「いいえ、何でもありません。荷物入れにいる人形の状態を確認されるなら、私と一緒に行きましょう」

「用事を済ましたから、私が一緒に行けばいい」

 



 

その時、カシスが近づいてきた。

彼は既に鷹を飛ばしたようだ。

「はい、分かりました。では、私は退いておきます。もしご用命がありましたら、お呼びください」

イシドールは頷いて退いた。

とても自然な姿だったが、ロクサナの動物的な勘を避けるには足りない。

彼女は何かを話そうとしたイシドールの姿から怪しさを感じていた。

しかも、ロクサナに最後に留まったイシドールの視線。

「・・・」

ロクサナは微妙な気分になり、目を細める。

そういえば、イシドールは前から時々自分を今のような目で見ていた。

あの目つきを何て説明すればいいのだろうか?

あえて描写するなら、まるで詐欺師に騙されて人生を担保に入れた人を見ているようだと言えばいいのか。

もちろん完全に同じ感じではなかったし、このような描写は誇張されたような気もしたが、それでも何か嫌な感じが少し似ていた。

「どうしたの?イシドールに言いたいことでもあるのか?」

ロクサナの視線がイシドールに留まることに気づいたカシスが尋ねる。

彼の視線はロクサナに続いてイシドールに向かった。

どういう訳なのか、イシドールはそっとカシスの視線を避けているようだ。

「ただ、細心の注意を払ってくれるのがありがたくて」

ロクサナは何でもないかのようにそっと微笑む。

しかし、先ほどイシドールが見せた不自然さを忘れたわけではない。

今言おうとしたことが何だったのか、どうしても後で調べなければならないようだ。

 



 

side ジェレミー・アグリチェ

騒音が静まり返ったアグリチェの邸宅の中には、どっしりとした静寂が立ち込めている。

底には鮮血が溢れていた。

壁にも赤く焼けた血痕があちこちについている。

先ほどの熾烈な戦闘の痕跡だ。

「おじさんたち」

緊張した空気が瓦礫のように沈んだ静かなロビーに、細い声が響く。

バラのように赤い髪を持った少女が床に倒れて呻き声を上げる異母兄弟たちを情けないというような目で見下ろして、足を運んだ。

床に血塗られた足跡を辿ると、すぐ見慣れた後ろ姿が視界に入った。

彼女の気配を感じたジェレミーが振り返る。

「何だ、お前もあいつらのようになりたくて追いかけてきたのか?」

真っ青に輝く眼光が闇の中でもハッキリと現れていた。

「じゃあ、かかってこい」

もし彼女があと一歩でも歩けば、すぐにでも飛びついて喉を噛みちぎってしまいそうな荒々しい気流だ。

一対多数の戦いを終えた後でも、ジェレミーはいまだに血気が溢れているようだった。

「やめとくわ。やたらに血を見る気はないから」

シャーロットは不気味な気配を示し始めたジェレミーを見て眉を顰める。

「それなら、どうして目障りに這い寄ってくる?」

シャーロットの言葉にも、ジェレミーは依然として鋭い反応を見せた。

さっきの他の兄弟達のこともあり、ジェレミーの気持ちが全く理解できないわけでもなく、シャーロットはカッとしない。

ただ、あのように心苦しい姿を見ると、騒ぎが収まるまで姿を隠していて良かったという気がした。

別の兄弟の間に挟まっていたら、自分も危ない目に遭っていたことだろう。

「ロクサナは、どこにいるの?」

 



 

グリセルダと遭遇したのは、やはりデオンだったのでしょうか?

グリセルダの介入は、ロクサナの計画外だったのですね。

イシドールも不穏な気配を見せていますし、彼の動向が気になります。

一方で、異母兄弟を倒したジェレミー。

シャーロットの言葉の真意は?

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【136話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 今回は13...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...