ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【144話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。

今回は144をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...

 



 

どういう訳か小説の中の悪の一族、アグリチェ一家の娘「ロクサナ」に生まれ変わっていた!

アグリチェは人殺しをものともしない残虐非道な一族で、ロクサナもまたその一族の一人。

そして物語は、ロクサナの父「ラント」がある男を拉致してきた場面から始まる。

その拉致されてきた男は、アグリチェ一族とは対極のぺデリアン一族のプリンス「カシス」だった。

アグリチェ一族の誰もがカシスを殺そうとする中、ロクサナだけは唯一家族を騙してでも必死に救おうとする。

最初はロクサナを警戒していたカシスも徐々に心を開き始め…。

ロクサナ・アグリチェ:本作の主人公。

シルビア・ペデリアン:小説のヒロイン。

カシス・ペデリアン:シルビアの兄。

ラント・アグリチェ:ロクサナの父親。

アシル・アグリチェ:ロクサナの4つ上の兄。故人。

ジェレミー・アグリチェ:ロクサナの腹違いの弟。

シャーロット・アグリチェ:ロクサナの妹。

デオン・アグリチェ:ロクサナの兄。ラントが最も期待を寄せている男。

シエラ・アグリチェ:ロクサナの母親

マリア・アグリチェ:ラントの3番目の妻。デオンの母親。

エミリー:ロクサナの専属メイド。

グリジェルダ・アグリチェ:ロクサナの腹違いの姉。

ポンタイン・アグリチェ:ラントの長男。

リュザーク・ガストロ:ガストロ家の後継者。

ノエル・ベルティウム:ベルティウム家の後継者

【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...

 




 

144話 ネタバレ

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【143話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 今回は14...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 監獄での再会

カシスと私はもう少し時間が経った後に別館を出た。

現在私たちはニックスが目覚めたと聞いて地下牢に向かっている。

「気が付くや否や監獄を壊すように暴れ、今は静かになりました」

イシドールが隣で地下牢で起きたことを伝えてくれた。

別館からついてきたオリンも一緒に。

「人の肉体ではありますが、薬は効果がありませんでした。鎮痛薬を投与しましたが反応は見られません」

ニックの体は確かに人間のものだ。

しかし、ノエルの人形術がそこに宿り、平凡な人の肉体とは根本的に区別される部分ができたのだろう。

だからニックスを普通の人のように思ってはいけない。

あるいはそうでなくても、アシルの体はアグリチェにいる時、すでに毒に対して一定の免疫ができた後だったので、それが影響を及ぼしている可能性もあった。

イシドールの話を聞いたカシスが私を見る。

私は彼に向かって小さく頷いた。

「直接行って見ないといけないわね」

「私も一緒に入るよ」

カシスの言葉は確固たるものだった。

私も敢えて彼を止めるつもりはない。

そうして私たちはニックスのいる地下牢に一緒に入った。

 



 

キイッ。

鉄門の開く音が鋭く鼓膜を突き刺した。

当然のことだが、ペデリアンの地下牢に入るのは初めて。

視野に映る光景がアグリチェと似ているようで、どこか漂う雰囲気が違って感じられた。

ペデリアンの監獄の方が全体的にもう少し綺麗な感じだ。

そのため、鉄窓の中で血に浸った状態でいるニックスがさらに鮮明に目についた。

「お前・・・!」

壁にもたれて座っていたニックスが私の顔を見るや否や起き上がる。

彼の手首と足首を締め付けていた鎖が大きく揺れた。

「こんにちは、ニックス。昨日ちょっと顔を合わせたけど覚えてる?それでもこうやって挨拶するのは久しぶりのようね」

静かに流した声にニックスの目つきが歪むのが見える。

「今あなたと私が・・・、こんな対話を交わす時ではないようだが?」

反抗的な目つきとは違って、ニックスはすぐに私に感情を表出ししなかった。

彼は状況を把握しているようだ。

今私は一人ではない、

ニックスの鋭い視線が最初に私に飛んできて刺さったが、まもなく私のそばにいる他の3人に順に滑る。

けれど、最後にはまた私に固定された。

私はそんなニックスに向かって言葉を続ける。

「調子が良さそうでよかった。もしかしたら、あなたは復旧が不可能なほど壊れているかもしれないと思っていたから」

もちろん、実際にニックスの心配をしたわけではない

「あなた、あの日に大怪我をしたのだから」

穏やかに付け加えた囁きにニックスが唇をギュッと噛み締めた。

私がわざと神経を尖らせていることに気づいたのは明らかだ。

私は目尻を下げて、そんな彼に向かって羨ましげに微笑む。

それから過ぎ去った記憶を吟味するように短く囁いた。

「あの日、私の手でちぎられたあなたの左目の感触、四肢が裂けるたびに耳に響いた悲鳴が今でも鮮明に残っているわ」

「お前・・・!」

私によって危機に落ちいたベルティウムでのことを想起したのか、食いしばられたニックスの口から微かに歯軋りする音が漏れる。

「ベルティムの人形」

カシスの冷ややかな視線がニックスに向けられる。

「それ以上舌を無闇に動かさない方が身の回りに良いと忠告しておこう」

冷酷な軽音が相次ぐ。

しかし、カシスはそれ以上前に出なかった。

地下牢に入る前に私とあらかじめ話したことがあったためだ。

 



 

「お前、いったい目的は何なんだ?」

しばらくして興奮を鎮めたニックスが私に尋ねる。

僅か1時間前までは監獄で暴れていたという言葉が嘘かのように、ニックスはかなり落ち着いている態度だった。

「あなたを連れてきて、こんな場所に閉じ込めた目的は何なのかって?」

しかし、彼の瞳の中に、ぼんやりとした霧のような幼い感情の残像を私は発見する。

物静かさを装っていたが、彼は少し不安そうに見えた。

その瞬間、突然ある悟りが脳裏を掠める。

ニックスは早くから意識を失っていた状態だったので、自分がなぜベルティムを離れてここにいるのか理由が分からないのは当然だった。

その上、ノエルと私たちの間で交わされた対話を聞くこともできなかっただろう。

それならニックスが最後に記憶しているのは、カシスの言葉を聞いたダンテが冷たい態度を見せ、彼を気絶させた場面なのね。

 



 

ロクサナがニックスを連れてきた目的が気になります。

仲間に引き入れることではないと思いますが・・・。

 

【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...