影の皇妃

影の皇妃【214話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「影の皇妃」を紹介させていただきます。

今回は214をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

フランツェ大公の頼みで熱病で死んだ彼の娘ベロニカの代わりになったエレナ。

皇妃として暮らしていたある日、死んだはずの娘が現れエレナは殺されてしまう。

そうして殺されたエレナはどういうわけか18歳の時の過去に戻っていた!

自分を陥れた大公家への復讐を誓い…

エレナ:主人公。熱病で死んだベロニカ公女の代わりとなった、新たな公女。

リアブリック:大公家の権力者の一人。影からエレナを操る。

フランツェ大公:ベロニカの父親。

クラディオス・シアン:皇太子。過去の世界でエレナと結婚した男性。

イアン:過去の世界でエレナは産んだ息子。

レン・バスタージュ:ベロニカの親戚。危険人物とみなされている。

フューレルバード:氷の騎士と呼ばれる。エレナの護衛。

ローレンツ卿:過去の世界でエレナの護衛騎士だった人物。

アヴェラ:ラインハルト家の長女。過去の世界で、皇太子妃の座を争った女性。

【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

214話 ネタバレ

影の皇妃【213話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 知りたかった真実

エレナは思わず息を呑んだ。

いいや、息ができなかった。

爆発するようにドキドキする心臓と、あるいはそれは聞こえるのではないかという心配で。

近くに響くレンの目と息に、首から顔まで赤く燃え上がった。

「お前、近すぎる」

先立って眠ったレンを見て警戒心が崩れたからだろうか。

エレナは今この状況と同じくらい自分が感じている感情に当惑した。

「気をつけろよ?」

「・・・」

「また助けてあげたじゃないか、私が」

レンがニヤリと笑う。

この上なく淡白で、魅力的で偽りなく。

しばらくぼうっとしていたエレナが押すようにレンの側から立ち上がった。

レンもそんなエレナを捕まえない。

代わりに、何も言わずに微笑んだままエレナを見つめていた。

エレナは、この気まずい状況から逃れるために平気なふりをする。

「申し訳ありませんが、私はそんなにミスをする性格ではないと思うのですが?」

「そうだったっけ?」

「そして助けたなんて。先輩がいつ私を助けてくれたのですか?」

レンの口元にあった笑顔がさらに濃くなった。

もう何度も助けてくれたのに、そのような事実を知らないかのようにエレナは強引に話す。

(ああ、どうしてこんなミスを・・・)

エレナはレンに軽率に近づいたことを後悔した。

そうでなければ、このような予想外の思惑に乱れ、当惑する感情を表すこともなかったはずなのに・・・。

 



 

そんなエレナを見るレンの顔はニコニコしていた。

「言いたいことがあるんだけど」

「・・・どうぞ。どうせ許可をとるつもりはないのでしょう?」

さっきのことのせいか、エレナの言葉は捻くれている。

「いや、これは会話だろ?私を見てくれないといけないんじゃないの?」

視線を避けるエレナに対して、レンが意地悪にガヤガヤと音を立てた。

(落ち着こう)

意志とは関係なく故障したかのように鼓動する心臓をなんとか落ち着かせる。

やっと落ち着きを取り戻したエレナは、何事もなかったかのように図々しく言った。

「言いたいことは何ですか?」

「この話をしたら、君は私のことが嫌いになるのかな?」

「今でもあまり好きではありませんので」

「じゃあ、もっと嫌いになるかな?」

「どうしてそんなに焦らすのですか?」

まったく予測できないタイプの人間なので、何を言うのか緊張してきた。

「君が代役になった理由、いや、なるしかなかった理由」

「・・・」

「その始まりに私がいたとしたら?」

レンの口は笑っているが、目は笑っていない。

悪戯な口調の裏には、一度も見せたことのない慎重さが敷かれている。

(代役になるしかない理由ですって?)

レンを見つめるエレナの目つきが揺れた。

大公家に来ることになった背景、理由、その中心にレンがいるという言葉が波紋を呼んだ。

「ベロニカがなぜ姿を消したのか不思議じゃない?ある日突然、あの元気だった子が」

「なぜですか?」

「毒中毒になったんだ」

エレナの目に力が入った。

3年近く姿を見せなかったことを考慮し、本当に病魔に苦しんだのではないかと思っていた。

でも毒だなんて。

誰かが意図的に彼女を中毒にしたということか。

 



 

(まさか・・・)

物思いに耽っていたエレナが、ひんやりとした感じで頭を上げた。

レンは微かに笑う。

いつもとは違う笑顔で。

「そうだよ。私が中毒にさせたんだ」

「・・・!」

レンは隠さず率直にすべてを打ち明けた。

隠してもいい話なのに、変に隠そうともせず。

「そして大公家は代役を立てた。それが君だよ」

「そう・・・。そういうことだったのね」

エレナは知りたかった真実と向き合った。

見当違いだったことと、実体を知ることは全く感じが違う。

その始まりにレンがいるとは思いもよらなかった。

「ねえ」

尋常でないエレナの表情を見て、レンが痛々しく呼ぶ。

顔を上げたエレナは、そんなレンを見た。

「怒ったの?」

レンの声と瞳が微かに震えている。

いつも勝手に世の中怖いものがなかった彼らしくないほど焦って見えた。

不安そうなレンを見るエレナの目つきには激情が吹き荒れている。

家族と生き別れを経験し、イアンを奪われ、悲惨な死まで。

もしレンがベロニカを毒殺しなかったら、そのような不幸も訪れていなかったかもしれない。

「・・・」

エレナが沈黙すると、レンの唇は乾いていった。

(余計なことを言ったかな?)

率直になりたい気持ちで真実を告白したが、エレナの沈黙が長くなるほど、喉がカラカラに。

彼はこのような状況を学んだことも経験したこともないので、そんなレンが言える言葉はなかった。

「殴る?」

「・・・」

エレナの美しい眉毛が上がる。

普段と変わらず悪戯な表情をしていたが、彼の表情はどことなく硬直していた。

そのためだろうか。

もしかしたら、これが彼らしいラストかもしれないと感じた。

 



 

ベロニカの事件にはレンが関わっていたのですね。

代役のキッカケがレンだったとは・・・。

エレナとしては憎い相手でしょう。

彼女はどんな判断を下すのでしょうか?

影の皇妃【215話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめました。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...
【ある継母のメルヘン】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ある継母のメルヘン」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...