影の皇妃

影の皇妃【266話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「影の皇妃」を紹介させていただきます。

今回は266をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

フランツェ大公の頼みで熱病で死んだ彼の娘ベロニカの代わりになったエレナ。

皇妃として暮らしていたある日、死んだはずの娘が現れエレナは殺されてしまう。

そうして殺されたエレナはどういうわけか18歳の時の過去に戻っていた!

自分を陥れた大公家への復讐を誓い…

エレナ:主人公。熱病で死んだベロニカ公女の代わりとなった、新たな公女。

リアブリック:大公家の権力者の一人。影からエレナを操る。

フランツェ大公:ベロニカの父親。

クラディオス・シアン:皇太子。過去の世界でエレナと結婚した男性。

イアン:過去の世界でエレナは産んだ息子。

レン・バスタージュ:ベロニカの親戚。危険人物とみなされている。

フューレルバード:氷の騎士と呼ばれる。エレナの護衛。

ローレンツ卿:過去の世界でエレナの護衛騎士だった人物。

アヴェラ:ラインハルト家の長女。過去の世界で、皇太子妃の座を争った女性。

【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

266話 ネタバレ

影の皇妃【265話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 今回は265話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 文化消費②

「ノブレス通りと私たちの決定的な違いが、まさにそれです。文化を先導し、消費させることでサロンを見つけさせ、自然にバシリカを通じて物資的消費をするように誘導するのです」

「君は本当に・・・、言葉が出て来ないよ。ねえ、どうして私に言ってくれなかったの?前もって話してくれていたら、驚かなかったはずなのに」

「あえて言う必要性を感じませんでした。気になってもいませんでしたし」

ぶっきらぼうなエレナの答えにカリフは頬をピクピク動かす。

「それはそうだけど。ああ、憎たらしい。あまりにも偉くてイライラする」

「褒め言葉と受け取りますね」

カリフは軽く目を伏せた。

このままやられっぱなしは悔しい。

「君、知ってる?」

「何ですか?」

「何事も完璧なのに、意外と脆くて鈍感なところがあること。特に男女関係で」

「私がですか?」

エレナは呆れたようにじっと見つめた。

本当に夢にも予想できなかった分野でカリフの忠告を聞くと、空笑いが出てくる。

「今、私に入れ知恵をしているのですか?」

「ちょっと、私は思い切って」

「助言ですから心に刻みます。ですが、私をあまりにも心配していますね」

「そういうことではなくて・・・。もう知らない。君、もうちょっと素直になってみるのはどう?」

突然入ってくるカリフの言葉にエレナの目が大きくなる。

くだらないことばかり言っていたカリフだが、時々エレナを当惑させる才能があった。

 



 

「何をですか?」

エレナは理解できないふりをした。

いつも復讐のために走ってきた彼女にとって、このようなテーマは非常に敏感で難しい。

「本当に知らないの?それとも知らないフリをしたいの?」

「・・・」

「言い換えると、断ったときにあまり申し訳ないと思わない人。そっちが君の本心である可能性が高いよ。じゃあ、私はこれで!」

穏やかだったエレナの湖に石を投げて波紋を呼んだカリフは、逃げるように部屋を出た。

台風が吹き荒れたように、固まったエレナの顔がなかなか和らぐことができず、エミリオがもみ消した。

「あまり気にしないでください。元々あんな性格ではありませんか?」

「お茶目ですが、間違ったことを言う先輩ではありませんから」

エレナの目が複雑になる。

(知らないわけないじゃないですか)

これまで知っていながらもそっぽを向いていた。

復讐が優先だという理由で知らないふりをしてきた。

ところが、思わず投げたカリフの言葉がこれ以上無視できないようにした。

「申し訳ないと思わない人・・・」

静かにカリフの言葉を呟いたエレナの頭の中に、ある男のシルエットが浮かぶ。

なぜその男が思い浮かんだのかは分からないが、一つだけ明らかなことがある。

申し訳なくない人だということ、そして最もよく思い出す人だということ。

 



 

翌日になって状況が反転した。

足の踏み場もなく混雑していたノブレス通りの人々がめっきり減ったのだ。

昨日と比べると、閑散としているように感じられるほどに。

それに対し、サロンとバシリカには開場以来最も多くの人が集まった。

昨日、ノブレス通りを訪れた貴族たちが訪れたのだ。

「ノブレス通りと感じがまた違いますね。ここは雄大さで息が詰まりそうです」

「それにしては構造が実用的です、ショッピングに最適化されているということでしょうか?」

「あっ、もうすぐファッションショーが開かれるのはご存知ですよね?早く行きましょう。遅れると出入りが制限されるそうです」

「本当ですか?私はそれを見に来たのですが逃したらダメです。急ぎましょう」

サロンが主管する行事の中でも、ファッションショーはサロンを象徴する代表行事として位置付けられた。

特にサロンを訪問することが珍しい地方貴族や他国貴族たちは、首都に寄れば必ず見なければならないリストにファッションショーを入れるほど期待が大きい。

「あのモデルさんが結んでいるスカーフがとても印象的です。一見シルクのように見えますが、材質が何か独特です。バシリカで購入できるのですよね?」

「もしかしてモデルになる方法はありますか?私もランウェイに立ちたいのですが・・・」

「わあ、知りませんでした。あのように着るとあまり目立たないし、ドレスと調和しますね」

ファッションショーを通じて、まもなく流行するファッションのトレンドを満喫した貴族たちは、すぐバシリカに向かった。

ランウェイを闊歩していたモデルたちが着ていたドレス、装身具、靴などを購入しようと財布を開けるのに躊躇がない。

モデルたちの姿に、鏡の中の自分を投影して流行を先導するイメージが欲しいという欲望が湧き出た。

これさえもエレナの狙いだ。

単純に商品を購入することに止まるのではなく、多様な文化を体験して鑑賞しながら自然に消費に繋がるように計画した構想が効果を得ている。

その他にもサロンの別館ではイベントが絶えなかった。

稀代の劇作家兼演出家オーベルマンスのミュージカル「愛の歌」は、開場翌日の最後を飾るのに十分だった。

「また来なければなりませんね」

「明日の演奏会も、とても楽しみです」

「こんな場所があるとは知りませんでした。なぜもっと早く来なかったのでしょうか?」

「サロンに行くと、とても幸せです。私の人生の活力になったというか」

文化は貴族の情緒と感受性をより豊かにした。

精一杯緩んで良くなった気分は自然に支出にも影響を及ぼしている。

前日比大幅に上昇した売上が、その証拠だった。

バシリカのオープン初日と比べて、なんと17倍の売上上昇を記録した。

平民と下級貴族、または商人が主に訪問したが、飛躍的な上昇と言えるだろう。

 



 

エレナが思い浮かべた人は?

シアン?それともレン?

計画通りにサロンの人気が飛躍的に爆発しましたね。

ノブレス通りはどうなったのでしょうか?

影の皇妃【267話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 今回は267話をまとめました。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...
【夫を味方にする方法】まとめ こんにちは、ピッコです。 「夫を味方にする方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...