影の皇妃

影の皇妃【225話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「影の皇妃」を紹介させていただきます。

今回は225をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

フランツェ大公の頼みで熱病で死んだ彼の娘ベロニカの代わりになったエレナ。

皇妃として暮らしていたある日、死んだはずの娘が現れエレナは殺されてしまう。

そうして殺されたエレナはどういうわけか18歳の時の過去に戻っていた!

自分を陥れた大公家への復讐を誓い…

エレナ:主人公。熱病で死んだベロニカ公女の代わりとなった、新たな公女。

リアブリック:大公家の権力者の一人。影からエレナを操る。

フランツェ大公:ベロニカの父親。

クラディオス・シアン:皇太子。過去の世界でエレナと結婚した男性。

イアン:過去の世界でエレナは産んだ息子。

レン・バスタージュ:ベロニカの親戚。危険人物とみなされている。

フューレルバード:氷の騎士と呼ばれる。エレナの護衛。

ローレンツ卿:過去の世界でエレナの護衛騎士だった人物。

アヴェラ:ラインハルト家の長女。過去の世界で、皇太子妃の座を争った女性。

【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

225話 ネタバレ

影の皇妃【224話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 今回は224話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇室書記官テン

「皇居からお客様がいらっしゃいました」

「どうぞ」

エレナが快く承諾すると、皇室礼服を着た男性が応接室に入ってきた。

「はじめまして、皇室書記官のテンと申します」

「いらっしゃいませ、テン」

エレナと向き合ったテンはしばらく呆然となる。

最初は美貌に目を離すことができず、その次は吸い込まれそうな気品に酔った。

(相変わらずね、テン)

朧げな面があるが忠誠心に優れた彼はシアンの腹心だ。

以前の人生でシアンの言葉や意思を代わりに伝える大変な役割をするのに苦労していた。

(本当に申し訳なかったわ)

先天的に善良な心性を持って生まれたテンは自分の過ちでもないのに、私たち二人の関係を心から残念がっていた。

「こちらにお座りください」

「あ」

一歩遅れて自分の無礼さに気づいたテンが素早く視線を収め、ソファに向かい合う。

「殿下にお話をお聞きしした。美してく、賢くて、奥深い方だと」

「過分なお言葉ですね。ただ殿下に迷惑をかけなければ幸いです」

エレナは謙虚に答え、本題に入った。

「今日サロンで大きなイベントがあるのはご存知ですよね?手続きは略式にするけど、授与式は盛大に行う予定だと殿下から聞いているのですが?」

「はい、その通りです。よろしくお願いします」

「ええ、こちらこそよろしくお願いします」

微笑を浮かべるエレナに向き合うと、テンは思わず視線を裂けてしまう。

なんというか、何か言いようのない優雅さが彼女をむやみに見ることを妨げたのだ。

(今日初めてお会いするけど、殿下がどうして胸を痛めているのか分かる気がする)

テンは無意識のうちにシアンのそばに立っているエレナを描く。

これ以上完璧なペアは他にいなかった。

あえて自分が判断する問題ではないが、シアンに最もよく似合う女性だという気がした。

 



 

「あ、殿下からこれも伝えてほしいと言われました」

「書信ですね」

皇室を象徴する印章が押された封筒がエレナの手に。

金糸を解くと手紙が出てきた。

<直接行きたかったのだが、行けないので手紙を送らせてもらう。あなたは帝国で最も輝かしい女性だ。その光をいつまでも失わないように>

無愛想だが、その中に込められた愛情を読んだエレナが微笑む。

「殿下らしい書信ですね」

「申し訳ありません」

「え?どうしてテンさんが謝るのですか?」

突然頭を下げるテンを見てエレナが瞬きする。

「殿下は感情を表現する方法がとても下手です。皇太子の重大な責任と義務、脅威の中で生きているので、自分を押さえつけるしかありませんでした」

「・・・」

「要するに、手紙に書かれた真心の数十倍、いいえ、数百倍が殿下の真心でして・・・」

「知っています」

エレナは低い声で話をした。

そのような反応を予想できなかったように、テンの瞳孔が大きく開く。

「どうして分からないでしょうか?殿下がこんなに努力しているのに・・・」

「L」

「他の人は知らなくても私は知っています。ですからもっと申し訳ないし、嬉しく思っているんです」

エレナは苦笑いした。

近くでシアンを祀っているテンよりも、皇帝や皇后よりも深く理解している人はエレナだ

だからこそ、この気持ちがもっと悲しかった。

 



 

「もう一言お話してもよろしいですか?」

「はい」

「殿下が私に言いました。必ず守りたいものができたと。その人を守るために帝国を変えなければならないと」

エレナはその言葉に何の返事もできなかった。

シアンの決意は彼女が思っていた以上にしっかりしていたからだ。

(もしかしたら殿下は・・・、違う。そんなはずがない。考えるのはやめよう)

バラバラになっていた過去の人生の記憶の破片が頭の中をぐるぐる回る。

恨みで目が眩んだ皇妃時代、目が眩んで耳を閉じた理由で見られなかった真実があったのではないかという考えが通り過ぎた。

テンが礼儀正しく身を引く。

何か見逃しているような気がしたが、まもなく記念式が始まるだけにエレナもこれ以上想念に浸っていることができなかった。

 



 

シアンの気持ちに気づくエレナ。

過去のことがあっただけに彼女も確信が持てていない状況。

いよいよ記念式が始まりますが、今はどんな状況なのでしょうか?

影の皇妃【226話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 今回は226話をまとめました。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...
【ある継母のメルヘン】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ある継母のメルヘン」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女の皇后様に溺愛されてます】まとめ こんにちは、ピッコです。 「悪女の皇后様に溺愛されてます」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介...